無料ブログはココログ

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2016年3月31日 (木)

八雲神社の桜、渡良瀬橋歌碑の桜

 今日も森高さん所縁の場所での桜を観察してきました。最初は八雲神社、神社再建の話も少しずつ具体化はしてきましたが、着工はまだ先になりそうです。

Dsc03267 

毎年真っ先に咲く、神社入口右側の桜↑はほとんど満開です。週末には桜吹雪が見られるかも。境内の桜↓もだいぶ開花が進んでいました。もう8~9分になっていそうです。

Dsc03268 Dsc03270

足利公園全体では5分咲き程度でしょうか?

Dsc03269 

ここで気付いたことがありました。神社前、足利公園の駐車場に「足利散策マップ」なるものが設置されています。右下に「足利市」とありますので、市で設置したものなのでしょう。しかし「渡良瀬橋歌碑」の表示がありません。他の場所なら兎も角、八雲神社前にある地図に歌碑の位置が欠けているのは如何なものか?観光大使任命前のものなのでしょうが、是非とも書き足して欲しいものです。

Dsc03271 

渡良瀬橋に移動、丁度夕日の時間になりました。GW時期並みという暖かい日でしたので、1日で花の数がだいぶ増えています。昨日撮った写真と並べてみます。それでもまだ3分咲き程度でしょうか?

Dsc03266 Dsc03276 

Dsc03274 Dsc03280_3 

今日は夕日も綺麗でした。

Dsc03272 Dsc03275 Dsc03273 

2016年3月30日 (水)

渡良瀬橋歌碑の桜 3/30

夕方、森高千里さんの「渡良瀬橋」歌碑の桜を見てきました。

Dsc03262 Dsc03263 Dsc03266 

自宅近くの桜では、もう3~4分咲き程度の木もあるのですが、渡良瀬橋歌碑脇の桜はまだ開花が遅れています。ほとんど花を付けていない枝もあります。全体ではまだ1分咲きにも足りないように思えます。これから暖かい日が続く予報です。開花は一気に進むでしょうが、週末のお天気が心配です。

日が長くなりました。日没は18時近くになっています。現在渡良瀬橋は塗装工事中でカバーで覆われています。

Dsc03265 

2016年3月26日 (土)

八雲神社の桜

日本各地から桜の開花情報が続々と届いていますね。足利市での森高千里さん関連の場所、桜の開花状況を確認してきました。まずはその前に、足利市駅前のニューミヤコホテル9階レストランにてランチ、2013年の森高さんライブの折にファン数十人が集まって懇親会を開催した場所です。今月初め、3月1日にリニューアルオープン、ロビーもレストランも客室も(客室は見てませんが)一新されました。レストランは窓がとても広くなっていて、パノラマ映像を見ているようでした。渡良瀬橋もなんとか見られます。全体に和風に、足利銘仙(嘗て一世を風靡した足利発祥の絹織物)を意識したデザインになっているそうです。

Dsc03239 Dsc03236 Dsc03237 Dsc03238 

Dsc03220 Dsc03221 Dsc03261 

渡良瀬川を渡って八雲神社へ。例年1番に咲く、神社右脇の桜はすでに咲き始めています。境内の桜はまだ蕾でした。

Dsc03240 Dsc03241 Dsc03243 

入口脇の桜?っぽい花は満開です。桜にしては背が低いですが、早咲きの桜なのか、あるいは「桜に似ている」という”アーモンドの花”なのか?

Dsc03248 

森高さん手植えの藤はまだ枯れ木状態ですが(これは我が家の藤も同様です)、芽は付いています。ただ葉芽と花芽の区別がつきません。樹齢の割には大きく伸び過ぎてしまっています。本来はもっと早い時期に剪定しなくてはならなかったのですが、私の手を付けた時点ですでにかなり伸びてしまっていました。剪定はしたのですが、これ以上切る自信がありませんでした。この春に芽吹くか心配しています。そろそろ雑草取りもしなくてはなりません。スミレの花は可愛く咲いていました。

Dsc03242 Dsc03247 

神社に隣接する「足利公園」では桜祭りの準備が始まっていました。ちらほらは咲いていますがほとんどは蕾です。風が強く揺れる蕾を撮るのに苦労しました。

Dsc03251 Dsc03252 Dsc03253 Dsc03254_4 

渡良瀬河畔の歌碑の場所に移動、こちらでは開花しているのは下の方に垂れ下がった枝の数輪のみですが、他の蕾もかなり膨らんできています。これから暖かくなれば一挙に開花が進みそうです。ただ、予報では暫く寒い日が続くとか。うまくすれば、来週末まで満開が延びるかも知れませんね。来月の森高さんライブを待ちかねている皆さま、前哨戦に足利でお花見などいかがでしょう?!

Dsc03258_2 Dsc03259 Dsc03260 

2016年3月16日 (水)

「家族はつらいよ」

山田洋次監督作品「家族はつらいよ(http://kazoku-tsuraiyo.jp/)」を観てきました。2013年の同監督作品「東京家族」と同じキャスト、家族としての設定も同じです。ただ、広島在住だった老夫婦を東京で長男と同居とし、息子・娘達の職業も変えてあります。制作発表当時は「続編?」との思いもあったのですが、題名の示す通り寅さんシリーズ風合いの作品と知りました。小津安二郎作品「東京物語」のリメイクとして作られた「東京家族」は、決して悪い作品ではなかったのですが、元祖を超えることはできません。しかし今回はホームゲームというか、山田洋次監督の土俵での作品でした。同じ俳優を使い、ほぼ同じ家族設定で全く異なる映画を作っています。「東京物語」では”縛り”というか何か硬さの感じられた演出も、今回は自由に愉快にまさに本領発揮の展開となっています。寅さんシリーズ同様、単純明快なストーリー展開、観客の想像通りに進んで行きます。それでも、「さすが!」というか随所に盛り込まれた笑い・ユーモアのタイミング・センスには脱帽します。前作では美容師(今回は税理士)の旦那役だった林家正蔵に「髪結いの亭主が!」との雑言を投げつけたり、父親・三平の持ちネタ「どうもスミマセン」を言わせたり、西村雅彦にフレームの奥の方でずっこけさせたり、本当に自然に笑わせられてしまいます。もちろんそれは監督の手腕なのですが、橋爪功や西村雅彦など芸達者を集めたキャスト構成も大きな要因です。流行りのアイドル系俳優が出ていませんので観客平均年齢は相当に高めでしたが、映画好きには、世代を超えて観て頂きたい作品ですね。不自然に話を捻らなくても、大規模なセットやCGを使わなくても、予想外のどんでん返しがなくても、監督・脚本家・役者のタッグで見応えのある楽しい作品の作れることを証明してくれました。シリーズ化はあるのでしょうか?

今回は地元のシネコンで観ることができました。http://www.unitedcinemas.jp/ashikaga/index.html 過去、近在では映画館の数の1番多かった足利市は、却ってそれ故にシネコン化が遅れ、映画館は次々に閉館、映画館の無い時代が長く続きました。2007年にようやく出来た「シネマックス足利」もわずか1年2か月で閉まってしまいました。そのシネマックスが改装され、今回ユナイテッド・シネマとして3月1日に蘇りました。嬉しいことではありますが、先行きには不安も持っています。大事なのは「映画館のあること」ではなく、「どんな作品を観ることができるか?」です。「シネマックス足利」のあった時代、近隣の4シネコンで、どこもかしこも”同じ作品”を上映していました。そしてその内の2つのシネコンが閉館しました。当然の経緯だと思います。今回の「ユナイデッド・シネマ アシコタウン足利」でも、同じような作品群が近日上映作品として紹介されています。これでは、私達夫婦の高崎通いは続いてしまいます。太田・佐野の2館との差別化はできるのか?付随のショッピングタウン規模では、太田・佐野に太刀打ちすることは不可能です。映画館独自の魅力で訴えなければ、「シネマックス足利」と同じ経路をたどってしまうように思います。「映像の街」を謳う足利市ですので、上映スケジュールのほんの1部で良いのですから、作品の質を重んじる作品選択を望みたいところです。

2016年3月14日 (月)

2シーズン振りのスキー

日曜日、スキーに行ってきました。昨シーズンは結局1度も行かず、2シーズン振りでのスキーです。行き先は越後湯沢の神立スキー場でした。20年近く前に家族で1度訪れたことはあるのですが、猛吹雪でほとんど滑ることなく帰りましたので実質初めてのスキー場です。暖冬で積雪量の少ない今年ですが、地形的に積雪の豊富なスキー場ですので昨日でも全面滑走可でした。それでも道路には全く雪がありません。AWD、スタッドレス装着のフォレスターで行ったのですが、結果的にはいつものMR-Sでも全然問題ない状態でした。

2016031307330000 

写真正面に見えるのは岩原スキー場です。学生時代には毎年訪れていた、思い出深いスキー場です。

スキー場到着は8時数分前、途中の高速も交通量が多く、渋滞はなかったものの沼田までは80km走行でした。神立の駐車場も予想外の車数でした。(ボードも含めて)スキー離れの顕著なことを聞いていましたので、ちょっと意外な気持ちです。ゲレンデまで結構距離のある場所に駐車することになりました。

到着時及び滑り初めまでは晴れ、後曇り、雪は湿り気のあるザラメ雪です。中級斜面では下のバーンが顔を出し少々滑り辛いです。不安な気持ちで滑り始めたのですが、体は憶えているもの、すぐ慣れることができました。ただやはり脚力の衰えは隠すことができません。パラレルが精いっぱいですね。それも中級斜面ではかなり及び腰になってしまいます。態勢を崩した時の反応に自信が持てず、前体重に突っ込めませんのでどうしても先端がブレてしまいます。前から苦手だった右ターンは更に不安定になっています。無理せず、初級コースで気持ち良く滑ることにしました。ボードの大会が開かれていました。携帯では難しいのですが、何とか1枚フレームに収まりました。

2016031309120000 2016031309070000 

気持ち良く滑っていたこの日、思わぬトラブルで昼前にゲレンデを後にすることになりました。年1回行くか行かないかの頻度ですので、もう長いこと道具もウエアも買っていません。年数経過でビンディングに不安を感じてここ数年は板はレンタル、ブーツとポールだけ持って出かけていたのですが、そのブーツが崩壊しました。踵部分のプラスチックが割れて砕けてしまいました。両足とも。かろうじてビンディングには引っかかっていたものの、衝撃があれば外れてしまいそうです。考えてみれば15年ほど経過しているブーツです、材質劣化していても不思議はありません。大雪の降った一昨年、雪かき用に学生時代のスキーブーツを引っ張り出してきたものの、足を入れた途端に割れてしまったことがありました。

(シニア割引の)リフト1日券、板も1日レンタルだったのですが、2時間ほどで終了です。追加でブーツをレンタルすることも考えたのですが、単品レンタルではブーツ+板でセット料金を上回ってしまいます。脚の疲労度からも滑ってもあと数本程度、潔く撤退と決めました。結果的には丁度良い運動量だったのかも知れません。ただ来シーズンはどうしよう?もう上級板を操る脚力はありませんので板はレンタルで十分ですが、ブーツはやはり・・・。足に合わないブーツでは楽しめません。様々な人の履いたレンタルブーツはどうしてもフィット感が緩くなります。しかし年1回のスキーのために新たに買うのも?買うとなれば、安い初心者用を買ってはレンタルと大差なくなってしまう気もして・・・。ま、来シーズンまでに考えれば良いことですが、フェアウェイウッドも欲しいし、キャディバッグも靴もだいぶ傷んでいます。頻度の高いゴルフ用品を優先に考えると出費が難しいなぁ~。despair

2016年3月 1日 (火)

「足利冬物語」まとめ

足利伝統の行事「節分鎧年越」に始まった足利市の新イベント「足利冬物語」も28日をもって終了しました。久々に見た鎧行列は多くの観客で賑わっていました。私の脳裏には、昔に見た、閑散とした中をだらだらと歩く情景が残っていました。これまで伝統行事を維持し関わってきた方々の努力の成果なのでしょう。観光の目玉のひとつとして十分に魅力あるイベントだと思います。

Dsc03084 Dsc03093 Dsc03094 Dsc03060 

今年から新たに加わった企画に”行灯”があります。おなじ行灯でも二通りあり、ひとつは「銘仙灯り」、足利銘仙柄の行灯を足利学校・鑁阿寺の参道に並べました。これは2月3日の鎧行列当日と2月中の土日に限ってのイベントでした。ずらっと並ぶ数の力で石畳参道の趣ともマッチした風情ある企画でした。行灯は色が刻々と変化します。

Dsc03164_2 Dsc03107 Dsc03109 Dsc03110_2 

ふたつめの行灯企画は、足利市出身・多摩美大丸山教授と学生さんによる行灯作品です。こちらは、昨年から始まった「風土祭」参加の飲食店各店の店頭に飾られました。営業時間・休日がまちまちですので捜し歩くのに苦労しましたが、そのことで却って新しい発見もありました。車社会ですっかり街中を歩かなくなっていたこと、地元に住みながら知らない場所・店のあることを知り反省させられました。ますは丸山教授の作品、7灯あるはずなのですが、6灯しか発見できませんでした。教授の行灯は主に画廊に飾られていました。

2016020714080000 2016020715540000 2016022616190000_4 

Dsc03121_2 Dsc03130_2 Dsc03165 

学生さんの作品。

Dsc03044 Dsc03125_4 Dsc03149 Dsc03163_3 

Dsc03134_2 Dsc03155 Dsc03131_3 Dsc03047_4 

Dsc03128 Dsc03135_4 Dsc03141_4 

Dsc03159 Dsc03045 Dsc03139  

Dsc03132 Dsc03162_2 Dsc03136 Dsc03150_2 

Dsc03048_3 Dsc03051_2 Dsc03122_2 Dsc03153_3 Dsc03191_2 

Dsc03144_2 Dsc03119 Dsc03146 Dsc03180_2 2016022617410000_2

Dsc03126_2 

Dsc03050 2016022617550000_2 Dsc03124 

同じ作者の作品を並べたつもりなのですが、間違っていたらゴメンナサイ。折り鶴シリーズ作品を1灯しか見つけられなかったのも残念です。訪れた時に定休日だったり営業時間外だったり、あるいは、電源の関係で店内に置いていた店もあったかも知れません。

来年も是非継続・発展させて行って頂きたい企画です。もっと参加店舗を増やして欲しいですし、店舗ばかりでなく、一般家屋での参加というのも考えても良いと思います。クリスマス時に自宅イルミネーションを楽しんでいる方もいらっしゃいますので、行灯セットを購入してオリジナル作品を自宅玄関に飾るとか。あまり高価でなければ、私自身も行灯を作って参加したいです。花火大会は足利最大の行事ですが、あれは観客として”見る”イベントです。それに対して鎧行列は”参加する”イベントでもあります。更にプラスして、一般市民が気楽に参加できる行灯イベントに発展して欲しいと願っています。足利商工会議所の皆さん、お疲れ様でした。そしてありがとうございます。

Photo

それにしても↑この写真が良い!佐野市在住の、折田利弘さんという方の作品らしい。

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30