無料ブログはココログ

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

2016年5月29日 (日)

東京美術館巡り

金曜日、東京に行ってきました。元々は友人の展覧会を観に行くことが目的でしたが、たまの上京、「折角の機会だから」とついつい予定を詰め込み過ぎてしまいます。休日のお出かけ、(ゴルフ以外は)ほとんどは家内と一緒ですが、今回は孫の世話に家内が呼び出され、久々の単独上京になりました。

最初の目的地は上野、北千住から地下鉄に乗り換えます。東京都美術館到着は10時半くらいでした。国立西洋美術館の「カラバッチョ展」は長蛇の列になっていました。先程発表された世界文化遺産登録も影響しているのでしょうか?私のお目当ては都美術館での「公募団体ベストセレクション美術2016」なる展示会です。学生時代からの知人が国画会会員で招待状を送って頂きました。入館料もばかになりませんので助かります。

今回の展示会は27の公募団体が参加しての合同企画です。学生時代には公募展もよく観に行きました。日展も行きましたし、新制作協会や独立美術協会も行きました。若かった時代ですので前衛的な作品に魅力を感じていました。逆に東郷青児率いる二科会などには反発を持つ、今考えればありがちな美術好き青年でした。参加団体には懐かしさを感じる名前も、今回初めて接する団体名もあります。こういった機会でもなければ決して訪れることもないだろう公募団体も多く、その意味ではちょこちょこつまみ食いできる楽しい企画でした。団体それぞれに特徴があります。この作品数で作風特徴を特定するのは早計なのかも知れませんが、漠然とイメージする公募団体作風傾向は、ほぼ裏切られませんでした。しかし公募団体の日本美術界での位置、あの当時とは変わってきているように思います。池田満寿夫がヴェネツィア・ビエンナーレで大賞を受賞したのは1966年、これ以降美術界でのスターは公募団体以外から登場することが多くなりましたが、それでもまだ権威を保っていた気がします。私自身の関心が薄くなってしまってそう感じるのかも知れませんが、昨今の公募団体、”美術界の潮流”という点では随分と影の薄くなった感が否めません。

2016052710330000 Img049_2 

今回出品している知人は、大学美術部時代に知り合った方です。一般大学美術部所属の私と違い、彼女は美大在学中でそのまま美術の道(版画)に進みました。個展等にも時折足を運び、作品も10数点所蔵しています。↓は私のコレクションの一部です。写真のできはかなり悪いですがご容赦下さい。

Dsc02242_3 Dsc02240 Dsc02241_2 

次の目的地は六本木、日比谷線で1本です。六本木では2か所を周ります。まずは国立新美術館での「MIYAKE ISSEY展」、今回の上京では最後にプラスされたイベントです。ファッションに興味を持ち、美術雑誌以上にファッション雑誌を購読していた時期もありました。ただ、実用衣料としての関心よりも、美術同様に”作品”としての観方の方が強かったように思います。ですので関心を持ったデザイナーはゴルチエやヘルムート・ラング等、三宅一生もその流れですね。一生の”プラスティック・ボディ”には魅惑されました。今回初めてその実物を観ることができました。ただ惜しむらくは、裏側(背中側)を観られない展示方法だったことです。ほとんどの作品は360度周囲を開放していたのに、この一角だけが前面からだけの鑑賞でした。

Img054_2 Img055_2 

しかし三宅一生の頭の中はどんな構造になっているのだろう?一枚の布を折って畳んで立体にしてしまう、考えるとこんがらがってしまいます。

スケジュールが詰まっていますのでそうそうゆっくりもできません。六本木駅近くで昼食を済ませ、反対側の森美術館へ向かいます。「六本木クロッシング2016展」が3か所目の展示会です。こちらでの目当ては最近興味を持っている片山真理という作家です。9歳の時に両足を切断、義足を付けた自身そのものを個性として作品にしています。実際にご本人にお会いしたらどう接してよいのか困りそうですが、作品としては強いインパクトを感じます。三宅一生の”プラスティック・ボディ”に感じる魅惑とはかなり異なるのですが、どこか一部通じる部分もあるような気がしています。生身の肉体と人工的な義足、彼女の作るオブジェはその双方を含み、また共に拒む部分もあるような気がします。下面に鏡を配置した作品がエロスティックでした。今回の展示会は「クリエイティブ・コモン・ライセンス」とかで、非営利目的に限り写真撮影が許されています。

2016052715310000_42016052715300001_22016052715290000_22016052715300000_5作家名:片山真理
この写真は「クリエイティブ・コモンズ表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本」ライセンスでライセンスされています。

「六本木クロッシング2016展」での他の作家の作品ですが、映像や鑑賞者を参加させるもの、行動や事象を作品化しようとした実験的な作品が多くなっています。難解で片山真理さんの作品がもしかしたら一番判りやすいかも知れません。こういった作品は、何かの折にふと意図が想像ついたりします。しかしそれまでは、「美術・芸術の定義・範囲」との思惑で鑑賞者を不安にします。芸術は自由であるべきです。しかし自身の考える”自由”の外にはみ出してしまった作品に対しては成すすべを無くします。やはり何か約束事で縛られている方が安心感はあるのでしょう。ただ昔、今でも一番好きな作家のひとりであるイヴ・クライン、なんだか判らなかったその作品が、ある日突然「判った!」気がした、その時の感動は忘れられません。もちろん、ちゃんと理解したわけでもなく、ちょっとした取っ掛かりを見つけただけだったのですが、一挙にそれで世界が広がった気がしました。理解しがたい作品に出合っても、あまり頭を悩ませず、「その内判るかも知れない」と放置するのもひとつの鑑賞方法かも知れません。

Img050 Img051 

最後は高校時代の同級生の作品展、今回は銀座での2人展です。「第三回たゆたう展」、タレント活動もしている城戸真亜子さんは友人(現多摩美大教授)の教え子だったそうで、その縁での2人展の3回目です。私は過去2回の展示会にもお邪魔しています。

Img056 Img057 

2人展は3回とも会場は異にします。今回は銀座の「ギャラリーあづま」、以前友人が個展でも使った場所です。今回はここ暫く続く花や樹木をイメージしたモノクロ主体の作品の他に、”木版ドローイング”なる色付きの作品も展示されてありました。若かりし頃はカラフルな色彩を特徴とした作家でしたが、久々の色使いです。もっとも路線変更というわけでもなさそうです。版画専門誌「版画藝術(安倍出版)」最新号(171号)にて特集された時に、技法紹介の意味合いも持って制作したシリーズの流れだそうです。その”木版ドローイング”の1作を購入予約してきました。彼の作品、所蔵は多分20点ほどだと思うのですが、リストも作っていません。「いつか時間を作って」と思いながら先延ばしになっています。10点ほどは家のあちこちに飾り、時折交換しています。

2016052822420000_2 2016052822420001 2016052822400000_2 Dsc02952 

ちなみにメットは息子のもの。私は自動二輪免許は持っていません。

美術館を巡ると先の展覧会のパンフも目にしてしまいます。見ると行きたくなる。今回目に付いたのは下の2展ですが、混み合うのは目に見えています。混むのが嫌いでディズニーランドにも行ったことがありませんし、”行列のできるラーメン店”などには絶対に行きません。”暴風雨の平日”でもあればチャンスかも?

Img052 Img053 

2016年5月23日 (月)

足利城ゴルフ倶楽部

同じ歳の仲間たちとのゴルフコンペ、快晴微風の絶好のコンディションの中無事終了しました。気温は多分29℃(事前予報で)程度まで上がったのでしょうが、からっとした気候で快適にプレーできました。会場は足利市内にある「足利城ゴルフ倶楽部(http://www.ashikagajo.jp/)」、スタート時間を勘違いしていて焦ったのですが、日曜朝の空いた道路のお陰もあり、15分でゴルフ場に到着しました。都会のゴルフ好きには信じられない近さでしょうね。

スコアは結局、木曜日と同じ「105」に終わりました。やはりドライバーが上手く飛びません。フェアウェイにも届かないチョロも2発ありました。それでもアプローチが無難にまとまり前半は「47」、ハンデが24ありますので1アンダー、”優勝”の文字もちらつきます。それが悪かったのか後半はいつものペースに逆戻りの「58」での「105」です。しかし、ほぼ全ホールに前進特設ティーのある(つまりはOBが多い)このゴルフ場で、きわどく運に救われたケースが2回あったとはいえ、珍しくOB無しで済ませることができました。フェアウェイキープ率は28.6%でしたが、山の上とか崖の下とか林の中とかの悪条件の少なかったこと、おそらく歴代最少と思われるパット数「30」に救われての成績です。ドライバー不調の中よく粘った、というのが実感です。今回はこんなボールを使ってみました。パット好調の一因だったのかも?

Thumb http://www.kascogolf.com/jp/catalog/details.php?id=12

今回のコンペ会場「足利城ゴルフ倶楽部」は市内北部の山間にあります。市内中心部からも北関東道足利ICからも近い立地にある景観の美しいコースです。谷を挟んだ両側斜面にOUT・INそれぞれのコースが張り付き、アップダウンもあり的確なコントロールの求められるコースです。ただ、特に難しいとの印象はありません。今回1年振りにバーディを取ることができましたが、その1年前も同じ足利城でのコンペでした。グリーンは(今日は)やや遅めながらも綺麗ですし、ランチも美味しいゴルフ場です。ただ注意点は、谷を渡って行くINコースは少々遠く時間を要します。時間に余裕を持ってスタートしてください。

2016052208210000_3 2016052209270000 2016052212240000 2016052213260000 

しかし写真にするとどのゴルフ場も、フェアウェイが広々としているように見えるものですね。

今回の同い歳仲間のゴルフコンペは年2回開かれていますが、今回がその56回目になります。私自身はゴルフを始めたのが遅かったせいもあり、参加はここ3年ほどからです。私自身が幹事をしている高校同期のコンペとの共通メンバーが多く、こちらにも参加するようになりました。7年後の古希には丁度70回目を迎えることになります。「その時には海外ゴルフコンペを」というのが私達の目標にもなっています。70歳で元気に海外でゴルフを、との夢は楽しいものです。それまで健康に留意して過ごしたいと思います。この歳になると、それこそ健康の有難みが切実に感じられるようになります。

2016年5月20日 (金)

大平台カントリークラブ

高校時代の仲間と、息子と、月1~2回のペースでゴルフに行っていますが、ブログではご無沙汰しています。書き込んだのは1月のケントス(宇都宮)が最新です。まぁこれは、毎回変わらずの(ひどい)成績で目新しいネタが無い、ということです。ケントスもそうでしたが、初めてのコースとか滅多に行けない高級コースに行った、とかでしたらそれだけでもネタにはなるのですが、いつものコースでいつもの成績ではブログに書く意欲も涌いてきません。一向に上達しないゴルフですが、それでも少し前(一昨年あたりまで)では、たまには100も切れましたし平均も105~106程度でした。それがここ暫くは、100どころか110も切れない状態が続いています。俗にいう”110の王(百獣の王)”ですね。振り返って調べてみましたら、最後に100を切ったのが2014年の6月、なんと!2年も経っていました。その時のスコアが「95」で私のベストです。ベストスコア更新後2年間、1度も100を切れていないわけです。練習場では”上達”を実感しているはずなのに、本番では下落の一途をたどっています。一番酷いのがドライバーですね。まともな当たりの1発も無い、という日も珍しくなくなりました。今日もフェアウエイキープは1ホールのみという更に深刻な状態でした。ただ、フェアウエイは外したもののファーストカットで止まってる程度のホールも多く、数値よりはマシでアイアンの安定もあり久々の110切り、今年ベストの105で収まりました。5月連休中に行った前回は前半は大叩きでしたが後半は50を切り(49)、少しは明るい兆しも感じられています。明後日の日曜日には高校同期のコンペが予定されています。「さぁそこで!」と意気込むと失敗してしまいますので、力を抜いて距離を欲張らず、2年振りの100切りを目指したいと思っています。コンペ直前に練習プレーを入れた準備を無駄にしないように。

今回のゴルフ場は初コースでもありました。「大平台カントリークラブ(https://reserve.accordiagolf.com/golfLinkCourseDetail/?gid=009)」、アコーディア所属のコースです。ゴルフ場の乱立する東北道・国道293号沿いの栃木市近辺にあります。値段の安い午後スルーでのプレーです。昼スタートですので高温が心配されましたが、湿気が少なく心地よい風もあり快適にプレーできました。フェアウエイはほどほど、やや狭めなホールもある、アップダウンのきついコースでした。下写真2枚目は打ち下ろしのミドル、写真では落差が判りませんが、クネクネのカート道から想像してみて下さい。先に書きました通り、ドライバーは右左に乱れ飛び(OB2発)不安定でしたが、アプローチが思いのほか上手くいきました。久々の高麗芝に翻弄されたもののパット数は私としては上出来の33でした。これでドライバーがもう少し落ち着けばなんとかなりそうです。日曜は更に気温は上がりそうですが、頑張りたいと思います。

2016051913410000 2016051914420000 2016051916290000 

2016年5月13日 (金)

「愛しき人生のつくりかた」

地元足利市に待望の映画館ができましたが、マイナー映画好きの私には観たい作品が少なく、やっぱり隣県高崎市通いは止まりません。今回はフランス映画、前回はイギリス映画、その前は中国、韓国映画でした。いずれも、足利でも隣接の太田市・佐野市のシネコンでも上映の無かった作品です。シネコンというものは、どうして近場で同じ作品(ハリウッド大作、アイドル主演作品等)ばかりを上映するのでしょう。若者はどうせ映画館に足を運びません。作品選択ではもう少し知恵を絞って貰いたいものです。

で、今回の作品は「愛しき人生のつくりかた」という題名でした。原題は「les souvenirs」、英語的には「土産物」です。フランス語でも同様の意味もあるようですが、この作品では「思い出」との意味で付けられたようです。http://itoshikijinsei.com/

Img047_2 Img048 

映画は、墓地での埋葬のシーンから始まります。夫に先立たれた老婦人とその孫の青年を中心に、親子三世代の日常生活と老いの現実を時にシリアスにまたコミカルに描いた作品でした。ひとり暮らしになった老母を心配しながらも同居には二の足を踏む3人の息子たち、定年を機に妻との関係がギクシャクしだした長男、日本とも共通する現実問題にも深刻になり過ぎない切り口で立ち入ります。祖母に寄り添う孫の存在がストーリーに優しさと安心感を添えています。突拍子もない事件も、隠された意外な過去もなく、普通に暮らす普通の人の人生が温かみを持って描かれます。いつから日本では、こういった映画が作られなく、また上映されなくなってしまったのか? 漫画原作やハリウッド特撮大作に頼り過ぎる、日本の制作側の怠慢や安易な功利主義もあるのでしょうが、最終的には観客の映画作品への望み、刹那な刺激ばかりを追い求める傾向が原因のように思えます。

高崎のこの映画館には、月に1回弱程度の頻度で訪れています。ここ最近での日本映画最高の出来!と思った「百円の恋」もこの映画館で観ました。話題大作ばかりが選ばれる”日本アカデミー賞”でも主演女優賞を得ています。さすがに無視できなかったのか、映画界にも良識が残っているということなのか、しかし受賞はしてもさほど話題にはならなかった気がします。勿体ない。高崎のこの映画館を訪れると、予告編やパンフレットで”観たい作品”がてんこ盛りになってしまいます。しかしそうそう高崎まで行ってられません。シニア割引で千円で観られるにしても、高速代が往復プラスされてしまいます。今回の作品も以前訪れた時の予告編で興味を惹かれました。

予告編で興味を惹かれた1番は、映画の舞台になったフランスの街”エトルタ”でした。印象深い景色の場所です。最初に知ったのはモーリス・ルブラン作「奇巌城」のモデルとしてでした。アルセーヌ・ルパン主人公の探偵小説ですね。ルパンに嵌ったのは小学生高学年時代でした。子供向けに易しくした小説だったのでしょうが、小学校の図書館にあったルブラン作品は全部読みました。中学生時代の初めには、一般向けのルパン作品、ホームズ作品、そしてエラリー・クイーンやアガサ・クリスティを読んでいました。その”奇巌城”印象で1981年の新婚旅行でもノルマンディーも行き先の候補に考えていたのですが、結局はノルマンディーは南部外れのモン・サン=ミシェルのみ、北フランスはサン・マロなどブルターシュ地方をメインに巡ることになりました。ちなみにその新婚旅行、リュック担いで「その日の宿はその日に探す」旅でした。前日にフランス地図を眺めて次の行き先を決めます。エトルタを訪れなかったのは心残りではありましたが、ブルターニュももちろん印象深い地域でした。下写真は左からエトルタ、モン・サン=ミシュル、サン・マロです。アナログ時代ですので新婚旅行での写真を探すのは大変、いずれも借りものです。

1024pxetretat_depuis_falaises_amont 1024pxlabbaye_du_montsaintmichel_vu 1024pxsaintmalo 

2016年5月 5日 (木)

初夏の庭

藤もツツジも終わり、我が家の庭の主役はクレマチスになりました。鮮やか艶やかな花です。椎名林檎🍏嬢の歌にちなんで植えたのは3、4年ほど前?だったでしょうか。ただ、園芸用のクレマチスは色も形も沢山の種類があります。自分勝手なイメージで選んだのは”カザグルマ”と呼ばれる種類の紫でした。林檎嬢がどのようなクレマチスをイメージして作詞・作曲したのかは判りません。

Dsc03423

曲(茎・STEM)の中では”仙人草”と書いて”クレマチス”と呼ばせています。同じ種類ではありますが、正確には少し違う、と言うか、自生のセンニンソウが園芸用に品種改良されて様々なクレマチスが生まれたようです。センニンソウの果実には白い毛があり、それを仙人の髭に見立てて名付けられたそうです。ちなみに有毒で漢方薬にも使われるとか。その”毒”の部分も林檎さんのイメージには含まれているのでしょうね。

Senninsou

他には、ミカンの花とマツバギクが咲いています。

Dsc03425 Dsc03427 

昨年植えたユリは蕾が膨らんでいます。アジサイはまだ準備中。

Dsc03426 Dsc03428 

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31