無料ブログはココログ

« 大平台カントリークラブ | トップページ | 東京美術館巡り »

2016年5月23日 (月)

足利城ゴルフ倶楽部

同じ歳の仲間たちとのゴルフコンペ、快晴微風の絶好のコンディションの中無事終了しました。気温は多分29℃(事前予報で)程度まで上がったのでしょうが、からっとした気候で快適にプレーできました。会場は足利市内にある「足利城ゴルフ倶楽部(http://www.ashikagajo.jp/)」、スタート時間を勘違いしていて焦ったのですが、日曜朝の空いた道路のお陰もあり、15分でゴルフ場に到着しました。都会のゴルフ好きには信じられない近さでしょうね。

スコアは結局、木曜日と同じ「105」に終わりました。やはりドライバーが上手く飛びません。フェアウェイにも届かないチョロも2発ありました。それでもアプローチが無難にまとまり前半は「47」、ハンデが24ありますので1アンダー、”優勝”の文字もちらつきます。それが悪かったのか後半はいつものペースに逆戻りの「58」での「105」です。しかし、ほぼ全ホールに前進特設ティーのある(つまりはOBが多い)このゴルフ場で、きわどく運に救われたケースが2回あったとはいえ、珍しくOB無しで済ませることができました。フェアウェイキープ率は28.6%でしたが、山の上とか崖の下とか林の中とかの悪条件の少なかったこと、おそらく歴代最少と思われるパット数「30」に救われての成績です。ドライバー不調の中よく粘った、というのが実感です。今回はこんなボールを使ってみました。パット好調の一因だったのかも?

Thumb http://www.kascogolf.com/jp/catalog/details.php?id=12

今回のコンペ会場「足利城ゴルフ倶楽部」は市内北部の山間にあります。市内中心部からも北関東道足利ICからも近い立地にある景観の美しいコースです。谷を挟んだ両側斜面にOUT・INそれぞれのコースが張り付き、アップダウンもあり的確なコントロールの求められるコースです。ただ、特に難しいとの印象はありません。今回1年振りにバーディを取ることができましたが、その1年前も同じ足利城でのコンペでした。グリーンは(今日は)やや遅めながらも綺麗ですし、ランチも美味しいゴルフ場です。ただ注意点は、谷を渡って行くINコースは少々遠く時間を要します。時間に余裕を持ってスタートしてください。

2016052208210000_3 2016052209270000 2016052212240000 2016052213260000 

しかし写真にするとどのゴルフ場も、フェアウェイが広々としているように見えるものですね。

今回の同い歳仲間のゴルフコンペは年2回開かれていますが、今回がその56回目になります。私自身はゴルフを始めたのが遅かったせいもあり、参加はここ3年ほどからです。私自身が幹事をしている高校同期のコンペとの共通メンバーが多く、こちらにも参加するようになりました。7年後の古希には丁度70回目を迎えることになります。「その時には海外ゴルフコンペを」というのが私達の目標にもなっています。70歳で元気に海外でゴルフを、との夢は楽しいものです。それまで健康に留意して過ごしたいと思います。この歳になると、それこそ健康の有難みが切実に感じられるようになります。

« 大平台カントリークラブ | トップページ | 東京美術館巡り »

ゴルフ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/113356/65625266

この記事へのトラックバック一覧です: 足利城ゴルフ倶楽部:

« 大平台カントリークラブ | トップページ | 東京美術館巡り »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30