無料ブログはココログ

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

2016年12月26日 (月)

「君の名は。」

メジャー系の作品はあまり観ないのですが、「興行収入200億円越え!」の声に逆らえ切れず観てきました。もう盛りは過ぎていますので、シネコンの中では小さめの箱に変わっていましたが、それでも結構席が埋まっていました。私の観に行く作品ではいつもがらがら、家内と2人切りでの貸し切り上映も確か2度ほどありましたので、それに比べるとだいぶ雰囲気も異なります。

さて作品の感想ですが、中々良くできていますし映像も綺麗です。ただ、世間の騒ぎとのギャップは埋めきれませんでした。これはいつものことで、「永遠の0」でも「そんな騒ぐほど?」との感想でしたし、逆に感激した作品、高評価の作品は世間ではあまり話題になりません。どうも世の中と価値観がずれてしまっているようです。元々アニメ作品では、宮崎駿作品は大体観に行っていますし、興収1位の「千と千尋の神隠し」も良かったとは思っていますが、今までに観た歴代作品の中では上位に特筆するほどには思っていません。アニメ作品は、現実離れした内容で描ける自由さはありますが、やはり現実的リアル感に乏しく、自身の内面に融合した迫り来る感じ、なんと言うか、結局は自分には関係のない作り物の世界という感覚が抜けきれないのです。要は感情移入できないのです。映画をエンターテイメントとしてよりも、無意識的に、純文学的感覚で受け止めようとしている部分のあることも影響しているのでしょう。「君の名は。」は、私の中では、「悪くない作品」の範囲を超えるものではありませんでした。前半では眠気を感じる部分もありましたし、感心はしたものの、瞼を熱くする場面もありませんでした。感涙ということでしたら、宮沢りえ主演の「湯を沸かすほどの熱い愛」の方が何度も泣かされましたし、「映像が綺麗」とは言っても所詮絵具色彩の人工的綺麗さで、今年観た作品の中でも、英国映画「愛しき人生のつくりかた」でのノルマンディー海岸の実写映像には勝てはしない気がします。

今年は例年より多く邦画を観ています。確かに邦画当たり年だったのだと思います。「シンゴジラ」は面白かったですし、「殿、利息でござる!」「64」「家族はつらいよ」、いずれも入場料の元を取った作品だったと思います。しかし昨年の「百円の恋」を超える作品には出会えていません。そしてその、近年で一番感動した作品が、どの作品よりもマイナーで知名度が低いことが残念ですし理解できません。映画作品のヒットは、近年ではその質・内容よりも宣伝効果の方がより重要な要素になっているそうです。宣伝に騙されてがっかりした作品も多々ありました。それはまだ良いとして、優れた作品が世間にあまり知られず消え去ってしまうことが残念でなりません。

2016年12月21日 (水)

先週15日の上京

一週間経ってしまいました。書き込みに、どうもタイムラグができてしまいます。先週15日(木)、ちょっくら東京に出かけてきました。今回の目的は4ヵ所、そんな忙しいスケジュールを立てると周り切らなくなることが多いのですが、今回は珍しく完走できました。

8時発の特急で出発、早起きはしたのですが自宅でゆっくりし過ぎてギリギリ乗車、指定券を買う暇がなく車内で購入しました。ここで乗り遅れたら完走は無理でした。最初の目的地は上野、上野の森美術館で開催中の「デトロイト美術館展」です。米国自動車産業の最盛期、圧倒的な資金力を背景に集めた印象派を中心とする欧州近代絵画コレクション展です。売りはゴッホの自画像でポスターにも使われています。入館料は1,600円。

Img_20161215_103931_4 Img_20161215_104153 

上野の森美術館を訪れるのは久し振りです。私の大学浪人中の1972年の開館ですので、開館時の印象が残っているせいか、未だに”新しい美術館”との思いが払拭できません。(笑) 当時は(今も?)現代美術の紹介をメインテーマとした美術館でした。上野の美術館群、国立・公立のイメージがありますが、こちらは”私立”美術館、フジサンケイグループによる開館です。どの展覧会をどの会場で観たのか、記憶のはっきりしない部分も多いのですが、学生時代に魅せられた当時の最新現代美術、スーパーリアリズムやシルクスクリーン作品などは、ここ上野の森美術館で最初に観たような気がします。

開館直後(9分後)に入館、平日でもありさほど混んではいませんでした。目玉のゴッホ自画像は思ったより小さな作品で、1点だけぽつんと展示されてあり、少々物足りない思いもありました。ゴッホのもう1点、川辺のボート遊びを描いた作品の方が迫力がありました。モディリアニの肖像画群も印象に残った作品です。圧巻はピカソの婦人像でした。輝くばかりのピンクがかったジョンブリアンは眩しいばかりの迫力でした。ピンクの時代やキュービズム時代の作品もあり、ピカソ作品は充実していたように思います。私の好きなマティスは2点、大きな作品ですがかなり粗く、近距離で観るとどこが良いのかよく判らない、でも離れて観るとしっかり完成されています。マティス作品には当たり外れがあるというか、その時の自身の内心状態で感じ方が異なるように思います。今回の2点はうまくマッチングしませんでした。ボナールは1点のみ、相変わらず心安らぐ色使いです。中学生時代から油絵を描き絵画好きでしたが、当時観ることができたのは画集の中だけです。初めて本物を観ることができたのは中学3年生、友人と3人で訪れた上野西洋美術館での絵画展でした。どこの美術館展だったかは忘れましたが、海外の美術館作品展だったと思います。その時に観た、ボナールの「逆光の裸婦」に魅せられました。ほとんど”恋”してしまったほどに。(笑) デトロイト美術館展、充実はしていましたが、予想よりも作品数は少なめでした。ちょっと力抜け。月曜火曜には写真撮影が許可されるそうですが、当日は木曜日、下の写真は最新コピー技術による立体模写(油絵の具の盛り上がりも再現)2点(ゴッホとマティス)とポストカード(ピカソ)です。

Img_20161215_103333 Img_20161215_102611 Img099_2 

次の目的地は新宿、知り合いの個展が開催されていました。知り合いと言っても、もう30年近く会っていません。大学生時代、美術部に属していました。大学間交流で知り合った他大学美術部員達と大学横断の”会”を作りました。私の所属した青学と芝浦工大、上智、共立、聖心を中心に、東工大や東大、日大等の学生が集まりました。メンバーの入れ替わりはありますが、その会は今でも続いています。私自身はすっかり描かなくなってしまいましたが、年2回の展示会は継続していて、私もたまには上京して交友を温めています。

今回個展を開催したのは会創設時のメンバーのひとり、当時は共立女子大の学生でした。そのまま画家になった数少ないひとりです。「伊藤和子展」小田急百貨店10階アートギャラリーでの開催でした。今回はたまたま他の作家の展示会を検索していて見つけたのですが、以前にも1度展示会を訪れたことがありました。その時はたまたま本人不在でした。今回はお会いできました。お互いの年を経て、街ですれ違ったら判らなかったでしょうね。会場で写真を撮りませんでしたので、デパートHPでの作家紹介写真と過去作品を載せます。写実系の油絵作品です。

161214_art_itou_2Artitouk15s_3 

3ヵ所目の目的地は神田小川町、これは絵画展ではありません。スキー靴の購入が目的です。初めてスキー靴を履いたのは小学生の時、群馬・大穴スキー場でした。その後暫く間が空いて、高校時代の体育授業でのスキー合宿を経て、大学時代に夢中になりました。11月の狭山スキー場(人工)を皮切りに、天神平かかぐらスキー場での滑り初め、上越(岩原、新日本、湯沢等)・白馬(佐野坂、青木湖、八方等)には毎年数日から1週間程度滞在していました。今考えると、よく金が続いたものです。初めての板はカザマ、靴はミズノでした。これは親に買って貰いました。その後はバイト資金で購入、買うのはいつも神田小川町でした。当時はスキーバブル時代、小川町にはスキー屋が林立していました。高いニューモデルには手が出ませんので、前年前々年の型落ち品をあさり歩いていました。滑る回数の減った近年は、板はレンタルで済ませています。最近はレンタルでもそこそこの板を置いています。靴の方は昨シーズンの滑降中にサロモンの底が剥がれました。crying 経年による劣化です。他にハンソンが残っているのですがこれも古い型ですので危なそう、買うことにしました。

リフトに長蛇の列を成したのも今は昔の物語、今では、地方都市ではスキー用品を扱う店もほとんどなくなりました。選択肢を得るには東京まで行くしかありません。当時に比べると随分店数は減りましたが、そこは東京小川町、買い迷うだけの選択範囲はあります。何軒か巡り試着して、ある店の靴にほぼ決めかけていたのですが、最後にもう1軒、懐かしい名前の「ニッピン」を覗いてみました。学生時代によく訪れた店でした。ここで見つけたのがラングのレディス25.5cm、昨年モデル現品限り税込み29,000円ほどの品でした。足サイズが小さいですのでレディスでも可能、同じレベルのものですとレディスの方が安いのが一般的です。もうガンガン滑るわけでもありませんし、脚力も落ちていますのでその意味でも丁度良さそうです。何より、試し履きした時のフィッティング具合が即断レベルでした。前の店で妥協しなくて良かった~! ラングは学生時代の憧れの靴でした。当時は一段高かった印象があります。今では特に人気のブランドではありませんが、やはり当時の思いも影響していたのかも知れません。今年中はもう無理ですが、スキー場に行くのが楽しみです。

Img_20161215_202857_2 

最後に上野に戻りました。東京都美術館で開催されている「ゴッホとゴーギャン展」を観るためです。こちらは上野の森美術館より1時間遅い17時半まで開いています。美術館到着は16時。会期終了間近(18日まで)でしたが、この時間帯は、混んではいるものの鑑賞に堪える範囲内でした。デトロイト美術館展の半券で100円引きの1,500円で入館、珍しく音声ガイドも借りました。(520円)

バルビゾン派の影響を受けたオランダ時代のゴッホの暗い色調の作品に始まり、パリに出ての印象派との出会い、そしてゴーギャンとの出会い、時代を追って2人作品と同時代作家達の作品が展示されます。所々に2人の、ゴッホの弟テオや同時代の画家ベルナール等に宛てた手紙の文章の一部が例示され、2人の関係性が浮き彫りにされます。アルルでの共同生活と破綻、ゴッホの死、ゴーギャンのタヒチへの移住、交錯する2人の思いがその作品によって語られます。企画として面白く、作品の質量共に大変充実した展示会だったと思います。惜しむらくは、私の事情ですが、時間が足りませんでした。鑑賞半ばで「閉館30分前」のアナウンスがあり、後半はかなりはしょって観ることとなってしまいました。

Img_20161215_161203 Img_20161215_173011 Img_20161215_173745 Img_20161215_174012 

ゴッホ、日本では大変人気のある作家ですが、私にとっても特別の人物でした。中学高校時代は憧れであると共に、若者特有の傲慢さで”目標”でもありました。ある時、16歳当時のゴッホのデッサンを画集で観て、同年齢での自身の技量との差に呆然自失した記憶が残っています。大学2年次での初海外旅行では、団体旅行であったにも関わらず自由時間がかなりあり、友人と2人で旅程にはなかったゴッホ美術館を訪ねました。ネットはもちろんたいした情報もない時代、ガイドブックも持たずに言葉も通じず、どうやって行ったのか記憶にありません。若者特権の行動力、というか恐れ知らずというか、あまり考えていませんでしたね。欧州の治安も、今よりはずっと良かった気がします。

最後は忙しかったものの、充実の1日でした。

2016年12月10日 (土)

ゴルフ場でエステ!?

昨日、ゴルフに行ってきました。「レイサムゴルフ&スパリゾート(http://www.raysum-gsr.com/)」、初めてのコースです。群馬県安中市にあります。地元からは北関東道を高崎ICで降りて高崎市内を抜け西に進みます。インターからは少々離れています。平日ですので高崎市内の渋滞を心配しましたがこちらは順調、安心したところで18号線の渋滞に捉まりました。少々焦りましたが、何とかスタート時間23分前に到着しました。403号で行った方が良かったかも。

2008年に日本プロゴルフ選手権大会の開かれたコースだそうです。スコアカードには「石川プロが307ヤード」とか「谷原プロがアルバトロス」とか、大会でのエピソードも記載されていました。フェアウェイはやたら広くて景色も綺麗なゴルフ場です。当日は快晴に近い晴れ、赤城や武尊などの山並みも青空に映えます。ティーグラウンドではプレッシャーも少なく気持ち良く振ることができます。ただやはり、プロツアーで使われたコース、そうそう甘くはありませんでした。とてもよく手入れされたフェアウェイですが、うねりがあり、平らな部分の方が少ない感じ、落ち位置で条件がかなり異なってきます。それ以上に難敵だったのがグリーンです。大きなワングリーン、ポテトチップス並みのアンジュレーションに悩まされます。1オン4パットを含めてのパット数合計は21・21の42、これではスコアの纏まるはずもありません。ラフの芝の深くなる季節では、更に難しくなるのでしょうね。それでも、気分の高揚する面白いコースでした。スコアは「56」「55」の「111」でした。

Img_20161208_091135 Img_20161208_100906 Img_20161208_123142 Img_20161208_130200 

楽天GORAでのクチコミ評価では4.7の高評価を獲得しています。コースの綺麗さはもちろんですが、設備の充実、スタッフ対応等、ケチの付けようのないゴルフ場でした。昼食のメニューも充実しています。オーダーしたのは”ボリュームたっぷり穴子天重”、小食の私にはボリュームあり過ぎでしたが、器からはみ出す穴子は迫力満点、お味も満足でした。ICからの距離と渋滞の心配はありますが、それを加味してもまた訪れたいゴルフ場です。今回は平日でしたが、今の時期でも土日は14,000~15,000円程度にはなり、この辺りではやや高めにはなりますが、質から見たコスパは決して低くないと思います。

元々は前橋在住のゴルフ仲間からの推薦でした。彼のお勧めの一番は”風呂”でした。広くて綺麗な内湯の他に、天然温泉露天風呂も付いています。今回は利用しませんでしたがサウナもあります。”リゾート”の名の通り、宿泊施設(ロッジ)も付随していますが、露天風呂からの星空も綺麗に見えそうで、機会があれば泊りで楽しみたいものです。露天風呂の写真はゴルフ場HPのものです。

Img_onsen2 

快適な浴槽設備でしたが、実はあまりゆっくりはできませんでした。その後に”エステ”予約をしていたのです。もう少し、時間に余裕を見た予約にしておけば良かったですね。

このゴルフ場、珍しいことに「スパグリーン」なるエステ設備を備えています。温泉ランド等にありそうなものではなく、かなり本格的なものでした。元々が韓国好きですので、汗蒸幕はもちろん、ホテルでのエステも何度か(韓国&タイで)経験しています。国内では縁遠く感じるエステですが、ゴルフ場にある、ということで抵抗感薄く興味を持ちました。全身オイルマッサージにフェイシャルを加えて計90分、至福の時間でした。絶妙の力加減で夢うつつを行き来していました。「左上半身が凝っています」とのこと、やはり力が入っていたのでしょう。アプローチでのトップミスはこの辺りが原因なのでしょうね。全身マッサージ(早割で)10,000円、フェイシャル6,000円、高いと感じるかどうかは人それぞれでしょう。私にとっても滅多にできない贅沢ですが、またコツコツへそくりして再訪したいと感じています。ま、何か月か半年か先の話でしょうが・・・。

エステしていましたので帰りはまたまた通勤時間帯、事故渋滞もあったようで、慣れない道を迂回したせいもあり高崎市内を抜けて高速に乗るまで、1時間近くを要してしまいました。次回は交通ルートを研究する必要がありそうです。

2016年12月 5日 (月)

ラグビー観戦

1年振りのラグビートップリーグ観戦です。日曜日、太田市総合運動公園陸上競技場で行われたパナソニック対クボタの試合です。堀江を始め、欧州遠征から戻った日本代表選手も出場しています。対戦相手のクボタにも、日本代表共同キャプテンの立川選手が居ます。堀江・田中・山田は後半途中からの出場でした。試合は34-25でパナソニックワイルドナイツの勝利、ただ、優勝した昨年に比べるとやや精彩を欠いているようにも感じました。順位12位のクボタに押し負ける場面も見られました。パナソニックは現在3位ですが、逆転連覇は難しい状況になっています。

Img_20161204_143312 Img_20161204_140637 Img_20161204_140537 

昨年はW杯・五郎丸人気で、1時間前に到着したのに駐車場が満杯で近くのスーパーに停めさせて頂きました。今年は2時間前到着でもメインの駐車場は満車、ただちゃんと対応が取られていて、臨時?駐車場が用意されていました。競技場前は出店も出て賑わっていましたが、昨年(対リコーブラックラムズ)での観客数が5,700人余だったのに対し昨日は3,400人余でした。試合によっても異なるでしょうから全体の集客数比較は判りませんが、欧州遠征での成果(ジョージアに勝利、ウェールズに借敗)も五郎丸のルーティン話題による盛り上がりには及ばないのでしょうね。ただ、ネタモノでは無いラグビーファンも確実に増えているようにも感じます。2019年に向けて、ますます盛り上がって行って欲しいものです。

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30