無料ブログはココログ

« 先週15日の上京 | トップページ | レーサムゴルフ&スパリゾート »

2016年12月26日 (月)

「君の名は。」

メジャー系の作品はあまり観ないのですが、「興行収入200億円越え!」の声に逆らえ切れず観てきました。もう盛りは過ぎていますので、シネコンの中では小さめの箱に変わっていましたが、それでも結構席が埋まっていました。私の観に行く作品ではいつもがらがら、家内と2人切りでの貸し切り上映も確か2度ほどありましたので、それに比べるとだいぶ雰囲気も異なります。

さて作品の感想ですが、中々良くできていますし映像も綺麗です。ただ、世間の騒ぎとのギャップは埋めきれませんでした。これはいつものことで、「永遠の0」でも「そんな騒ぐほど?」との感想でしたし、逆に感激した作品、高評価の作品は世間ではあまり話題になりません。どうも世の中と価値観がずれてしまっているようです。元々アニメ作品では、宮崎駿作品は大体観に行っていますし、興収1位の「千と千尋の神隠し」も良かったとは思っていますが、今までに観た歴代作品の中では上位に特筆するほどには思っていません。アニメ作品は、現実離れした内容で描ける自由さはありますが、やはり現実的リアル感に乏しく、自身の内面に融合した迫り来る感じ、なんと言うか、結局は自分には関係のない作り物の世界という感覚が抜けきれないのです。要は感情移入できないのです。映画をエンターテイメントとしてよりも、無意識的に、純文学的感覚で受け止めようとしている部分のあることも影響しているのでしょう。「君の名は。」は、私の中では、「悪くない作品」の範囲を超えるものではありませんでした。前半では眠気を感じる部分もありましたし、感心はしたものの、瞼を熱くする場面もありませんでした。感涙ということでしたら、宮沢りえ主演の「湯を沸かすほどの熱い愛」の方が何度も泣かされましたし、「映像が綺麗」とは言っても所詮絵具色彩の人工的綺麗さで、今年観た作品の中でも、英国映画「愛しき人生のつくりかた」でのノルマンディー海岸の実写映像には勝てはしない気がします。

今年は例年より多く邦画を観ています。確かに邦画当たり年だったのだと思います。「シンゴジラ」は面白かったですし、「殿、利息でござる!」「64」「家族はつらいよ」、いずれも入場料の元を取った作品だったと思います。しかし昨年の「百円の恋」を超える作品には出会えていません。そしてその、近年で一番感動した作品が、どの作品よりもマイナーで知名度が低いことが残念ですし理解できません。映画作品のヒットは、近年ではその質・内容よりも宣伝効果の方がより重要な要素になっているそうです。宣伝に騙されてがっかりした作品も多々ありました。それはまだ良いとして、優れた作品が世間にあまり知られず消え去ってしまうことが残念でなりません。

« 先週15日の上京 | トップページ | レーサムゴルフ&スパリゾート »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/113356/69000676

この記事へのトラックバック一覧です: 「君の名は。」:

« 先週15日の上京 | トップページ | レーサムゴルフ&スパリゾート »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31