無料ブログはココログ

« 大晦日ゴルフ「太田双葉CC」 | トップページ | オリムピック・スタッフ足利ゴルフコース »

2018年2月23日 (金)

「ル・コルビュジエとアイリーン」

久し振りに映画の感想です。映画鑑賞も趣味のひとつ、ここ暫くは何やかやで忙しくて途絶えていましたが、月に1回程度は観ていました。映画館、「シン・ゴジラ」以来か?いや、イ・ビョンホンの「インサイダーズ」も「マグニフィセント・セブン(荒野の七人)」も遅ればせながら観たな。「シン・ゴジラ」は面白かったけれど感想を書く間なく流れてしまった。ちょっと間を置くとダメですね。

ここんとこ、観たい映画が沢山です。ま、ちょっと興味を惹かれる作品があって上映館などを調べると次から次へと出てきてしまう、そんなことですけどね。知らずに居ればそのままです。今回の「ちょっと興味」は「セザンヌと過ごした時間」です。「観てみたい」と思った辺りから忙しくなって未だに未見です。原田マハの「ジベルニーの食卓」でセザンヌとエミール・ゾラとの関係を読んで興味を持っていたエピソードが映画になっているのですから、これは観ずには済ませられません。そしてゴッホ、ゴーギャンと芸術家主人公の作品上映が何故か続いています。そしていずれもマイナー作品ですので、私の居住地周辺での上映はありません。私の住む足利市、隣接する佐野市・太田市、それぞれに1館ずつの映画館、シネコンなるものがあります。このシネコンなるもの、私の好む作品は一向に上映してくれません。派手なアクションばかりで内容の無いハリウッド大作と漫画原作のアイドル系主演作品ばかり、3館もあるのに同じ品揃えで上映します。全く芸が無い・・・。

と言うわけで、今回もシニア料金1,000円ながら往復の高速代をかけての割高鑑賞で宇都宮ヒカリ座遠征です。マイナー作品鑑賞、私の場合は宇都宮か高崎か伊勢崎、というのが常態です。http://hikariza.news.coocan.jp/

そして今回(昨日)観たのが上記”芸術家主人公作品”流れのひとつ「ル・コルビュジエとアイリーン」でした。日本副題で「追憶のヴィラ」とあります。セザンヌ・ゴーギャン・ゴッホと異なり建築家ですので、”芸術家”並びとは少々異なりますが、一応その類としてリストに入れていました。ただ「一応」ですのでこの4作品の中では一番注目度が低く、「タイミングが合わなければ観なくても~」程度でした。それが、「23日上映終了」という「番組終了30分以内のご注文で~」みたいに急かされて、たまたま真っ先に観に行くはめになってしまいました。そういう次第ですので、内容は全く事前確認しない儘です。偉大な建築家ル・コルビュジエと、彼を崇拝・思慕するアイリーンとの愛と創造を巡る葛藤の物語、みたいなお話を勝手に想像していました。大外れです。そんなロマンチックなものでも感傷的でも感動的でもありません。一般的には至極退屈な物語であったかも知れません。興行的には難しいでしょうね。マイナー作品平日上映ではよくあることですが、観客は私を含めて2人、そしてもう1人はどうやら熟睡している様子。しかしそんな作品なはずですが、不思議と退屈はしませんでした。ドラマチックな展開もサスペンスも無し、よく判らない相互関係や事情もありそうで、私が理解していない部分もありそうなのに、何故か退屈はしなかったのです。ま、感動もしませんでしたけど、刹那のスリルだけのハリウッド大作の「金と時間を返せ!」的な後悔は全く感じません。不思議な作品です。ドキュメンタリー風ですがドキュメンタリーでもありません。軽く皮肉っぽい風刺表現も含まれています。

主役はコルビュジエではなくアイリーンの方、アイリーン・グレイという、私は知りませんでしたが、有名なインテリアデザイナーで建築家でもあったそうです。芸術家として描かれているのは寧ろ彼女の方、ル・コルビュジエはメインキャストではありますが、ややピエロ的な脇役として登場しています。そこが逆に人間的で面白かったようにも思います。どうも上手く表現できませんが、ひと言で現すならやはり「退屈しなかった」というしかありません。チラシにあるような「知られざる愛憎のドラマ」を想像して観ると違ってしまうと思います。

Img146_2 Img147 

今回の宇都宮行きには、もうひとつ目的がありました。”栃木県動物愛護指導センター”です。昔の保健所の役割であった、野犬野良犬野良猫保護のための施設です。実は近頃「犬を飼いたい」と思い始めているのです。子供の頃には、家でシェパードを飼っていました。「飼っている」という意識も希薄に犬や猫が普通に日常に居る、という生活でした。世話は主に祖母や叔母がみてくれていました。大学生の頃、叔母の面倒みていたプードルが死んでからは身近な犬猫は居なくなりました。娘が幼かった頃に亀(ミドリガメ)を飼い始め、それは3匹とも未だに生きています。もう30年近くになると思います。

犬を飼っているFacebook友人の、愛護指導センターに収容されている犬に関する書き込みが契機となっています。昨年の入院手術の影響か、”命”に敏感になっているのかも知れません。収容されて”処分”される命に思いを馳せてしまったのです。元々、ペットショップと言う商売には否定的でした。パンやケーキは売れ残れば捨てればいい、でも売れ残った犬や猫は?どうも命の売り買いには疑念が残ります。ですので犬を飼いたいとの思いとペットショップとは、最初からかみ合っていません。最初に紹介された黒い犬は無事貰われていったそうです。あとは出会いを待ちます。その前に、犬を飼った経験が無く不安に思っている家内の説得が先決ですが。

Img_20180222_153250_2 Img_20180222_153740_5 

« 大晦日ゴルフ「太田双葉CC」 | トップページ | オリムピック・スタッフ足利ゴルフコース »

ペット」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/113356/72979642

この記事へのトラックバック一覧です: 「ル・コルビュジエとアイリーン」:

« 大晦日ゴルフ「太田双葉CC」 | トップページ | オリムピック・スタッフ足利ゴルフコース »

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30