無料ブログはココログ

« 祝 日本勝利! | トップページ | 秩父・高崎 版画展巡り »

2018年6月23日 (土)

「万引き家族」と「タクシー運転手」

最近に観た映画2作品です。「万引き家族」は地元映画館で20日に家内と一緒に。ご存知の通り、今年のカンヌ映画祭でパルム・ドールを受賞した作品です。世界三大映画祭での最高賞受賞作というと、だいたいは「面白くない」という印象があります。この作品もそれですね。ただこの場合の「面白くない」は作品の質を表す言葉ではありません。単に「エンタメではない」という意味です。映画は”面白くすべき”なのかどうか、難しい部分です。ただ、最近のハリウッド特撮・アクション作品のように、刹那の”面白さ”だけに特化した作品には疑問符をいくつも付けてしまいます。

事前に詳しくは内容を調べずに観に行ったのですが、”家族”という部分では私の想像通りでした。「多分本当の家族ではないのだろうな・・・」という点で。しかしその内容は想像以上にシリアスでした。つい最近ニュースになった幼児虐待、そしてDV、パチンコ店駐車場幼児放置や浮気・略奪婚も含まれているらしい。それぞれに事情を抱える5人”家族”に両親に虐待される女児が新しい”妹”として加わる部分から話が展開します。

私は小さな子供と遊ぶのが苦手です。目線を下げて同化して遊ぶことができません。結婚前は幼児・赤ちゃんを見ても「可愛い」と思うことがあまりありませんでした。それが結婚して長女が生まれて変わりました。可愛くて愛おしくて堪りません。今でも3歳の頃の娘には恋心coldsweats01を感じます。あの時代に戻れないことが寂しく感じます。父親にとっての娘、”永遠に結ばれない片恋の相手”だと思っています。「親孝行の必要は無い、子供は3歳までに一生分の孝行をしている」というのも本当だと感じています。そんな子供に対して”虐待”という行為が何故に可能なのか?どうにも理解できませんし、先のニュースにも居たたまれない辛さを感じてしまいます。

作品は、離婚した元夫の子供夫婦にたかる老婆、その老婆の家に同居する様々な過去を抱えた”家族”、万引きはするしその万引きを子供達にも教え協力させる”親”、性風俗店で働く娘、事実上の”誘拐”にも匹敵する幼女連れ去り、客観的に見れば「どうしようもない連中」です。しかしその生活には”家族”というものの本質を鋭く問い詰める投げ掛けがあります。シリアスに投げ掛けられたその現実に、映画を観ていても辛くなります。「画面に夢中になり時を忘れる」という没入以前に、「早く先に展開して欲しい」「もうお終いにして欲しい」とまで感じさせる辛さです。あまりにリアルでシリアスで、また俳優陣が皆上手過ぎて、「百円の恋」の安藤サクラはすごい女優ですし、樹木希林やリリー・フランキーはもちろん、子役達が上手過ぎて一層辛くなります。棒読みの昔々の子役は兎も角、しっかり役柄を捉え理解して演じているように見えます。あの歳でこの役柄を理解してしまったら、その辛さを知ってしまったら、そう考えると気の毒でなりません。そしてリアルなあまり”希望的観測”も付け加えては貰えません。どうしようもない現実を突き詰められたまま劇場を去らねばなりません。パルム・ドール綬章の理由や価値は判りますが、「面白くない」と感じた理由も観た方には理解頂けると思います。「面白くない」しかし「観なければ良かった」とは思いません。そんな映画作品でした。

 

翌21日には、高速を使って高崎まで、地元上映の無い韓国映画「タクシー運転手」を観てきました。名優ソン・ガンホ主演での、1980年の韓国南部光州市で起きた「光州事件」を題材とした作品です。軍事政権に反対する民衆の抗議デモに(警察では無く)軍隊が派遣され実弾を発砲、多数の一般民衆(百数十人、後遺症での死亡・行方不明者を含めると500人以上とも)が亡くなった事件です。しかも光州市は完全包囲され電話も遮断、韓国内でも事件真相は全く報道されず、「反政府主義者(アカ・共産主義者)の暴動で警察官が死亡」と報道されたのみだったそうです。そんな光州市に危険を顧みずに侵入したドイツ人記者とそれを運んだ韓国人タクシー運転手の、実話を基にした映画です。

Img001 Img006_2 

光州事件は、映像を日本に持ち帰ったドイツ人記者により全世界に発信、事実が知られることになりました。NHK報道で初めて事件を知った韓国人も少なくなかったそうです。しかし当時の日本ではあまり関心を呼ばなかったようです。27歳だった私の記憶には残っていません。韓国にはなんの関心も持たなかった時代です。事件の起きた1980年の夏、新婚旅行でフランスに向かいましたが、航空会社は大韓航空(安かった)でのソウル乗り継ぎ便でした。パリに向かう乗り換えでの金浦空港、マシンガンを抱える空港警備の兵士に「物騒な国だなぁ」と感じたことを憶えています。そんな大変な時代だったとは夢にも思っていませんでした。日本は平和真っ盛りのバブル期です。

「タクシー運転手」は、事実を基にした作品ではありますが、かなりの虚構が加えられ”盛って”あります。「あり得ないだろう!」と思わせる軍車両とタクシーとのカーチェイスとか、韓国映画にありがちなエンタメ的”嘘”があちこちにばら撒かれている感じです。何処までが事実で何処からが”盛り”なのか?はっきりしません。事実を全く書き換えた「軍艦島」や「暗殺」等、知らない人達には大いに誤解を与えるであろう設定脚本も意に介しないのが韓国映画です。その範囲では、誇張はあるでしょうが、「光州事件」という衝撃的な事件を描くにあたりその本質は外していない、エンタメとしての許容範囲での脚色だったようにも思います。シリアス過ぎて辛かった「万引き家族」を観た後でしたので、少しは許容範囲が広がっていたかも知れませんが。

« 祝 日本勝利! | トップページ | 秩父・高崎 版画展巡り »

映画・テレビ」カテゴリの記事

韓国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/113356/73733658

この記事へのトラックバック一覧です: 「万引き家族」と「タクシー運転手」:

« 祝 日本勝利! | トップページ | 秩父・高崎 版画展巡り »

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30