無料ブログはココログ

« 大学OBOG展 | トップページ | パナソニック・ワイルドナイツ »

2018年10月21日 (日)

ライオンズCS敗退・・・・・・・・・・・・・・・・

久々優勝したのに・・・CSで負けてしまいました。優勝したのに日本シリーズ出られないなんて~~~~~!!

贔屓球団が負けたから言うのではありません(ホントに!)が、このクライマックスシリーズとかいうもの、始まった当初から反対でした。全く理に合いません。よくある、お笑い系のクイズ番組、「最終問題は、1,000ポイント~!」とかの、「今までの競争はいったい何だったんだ~!」と同じです。最初から勝ち負け関係ないバラエティ番組ならそれも構いませんが、真剣勝負のプロスポーツに持ち込むなんてpoutあり得ません。元々が「シーズン末期の消化試合を減らす」ことが目的で始まったルールです。当時のパシフィックは不人気不採算でリーグ消滅危機も囁かれた状態でした。そんな中改善策として考え出されたのがCS(当時は別の名前でした)と交流戦でした。交流戦はセパでのリーグを超えての試合ですので両リーグ同意の基に始まったわけですが、CS(プレーオフ制度)はパリーグでまず始まり、その成功を受けてセリーグでも導入されました。交流戦・CS共に大リーグからの取り入れ、真似たのだと思います。

交流戦は面白いアイデアでしたが、CSは元々の、メジャーと日本との違いを無視しての導入です。まず球団数が違いますし、リーグ内チーム全部と対戦するにも関わらず順位は東西中3地区に分かれて付けられる、場合によっては勝率5割を切っても地区優勝する可能性もある、という特殊設定に特徴があります。”地域制”を重視する故の設定でしょう。それで東西中それぞれの優勝チームと勝率上位のワイルドカードチームが最終的優勝を争うわけです。地区別でのレベル差によっては、勝率では全体2位でも勝率で劣る他地区1位の下位に甘んじることもありますので、「優勢な強いチームを救済する」意図が強く、日本での「優勝を逃した下位チームを救済する」措置とは、考え方によっては真逆なものになります。

ただしかし、消化試合を減らしシーズン終盤まで(優勝チーム以外を)盛り上げる役目は果たしてきました。観客を集め利益を上げることが目的のプロですので、採算面も無視できません。なら当初に戻り参考にした大リーグ方式に近付ける必要もあると思います。パリーグ先行で始まったが故に、セパそれぞれで分けて行われているCSの統一です。例えば、セパの優勝チームはシード、そしてセリーグ2位とパリーグ3位、パリーグ2位とセリーグ3位とで対戦、勝ち残ったチームが優勝チームと対戦する、という具合。これなら、優勝チームを”2度決め”する今の制度の欠点を多少は緩和できると思います。最終トーナメント全体を「日本シリーズ」とすれば、「優勝チームが日本シリーズに出られない」という状態からは一応脱することができます。

« 大学OBOG展 | トップページ | パナソニック・ワイルドナイツ »

スポーツ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/113356/74445236

この記事へのトラックバック一覧です: ライオンズCS敗退・・・・・・・・・・・・・・・・:

« 大学OBOG展 | トップページ | パナソニック・ワイルドナイツ »

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31