無料ブログはココログ

« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »

2018年10月21日 (日)

ライオンズCS敗退・・・・・・・・・・・・・・・・

久々優勝したのに・・・CSで負けてしまいました。優勝したのに日本シリーズ出られないなんて~~~~~!!

贔屓球団が負けたから言うのではありません(ホントに!)が、このクライマックスシリーズとかいうもの、始まった当初から反対でした。全く理に合いません。よくある、お笑い系のクイズ番組、「最終問題は、1,000ポイント~!」とかの、「今までの競争はいったい何だったんだ~!」と同じです。最初から勝ち負け関係ないバラエティ番組ならそれも構いませんが、真剣勝負のプロスポーツに持ち込むなんてあり得ません。元々が「シーズン末期の消化試合を減らす」ことが目的で始まったルールです。当時のパシフィックは不人気不採算でリーグ消滅危機も囁かれた状態でした。そんな中改善策として考え出されたのがCS(当時は別の名前でした)と交流戦でした。交流戦はセパでのリーグを超えての試合ですので両リーグ同意の基に始まったわけですが、CS(プレーオフ制度)はパリーグでまず始まり、その成功を受けてセリーグでも導入されました。交流戦・CS共に大リーグからの取り入れ、真似たのだと思います。

交流戦は面白いアイデアでしたが、CSは元々の、メジャーと日本との違いを無視しての導入です。まず球団数が違いますし、リーグ内チーム全部と対戦するにも関わらず順位は東西中3地区に分かれて付けられる、場合によっては勝率5割を切っても地区優勝する可能性もある、という特殊設定に特徴があります。”地域制”を重視する故の設定でしょう。それで東西中それぞれの優勝チームと勝率上位のワイルドカードチームが最終的優勝を争うわけです。地区別でのレベル差によっては、勝率では全体2位でも勝率で劣る他地区1位の下位に甘んじることもありますので、「優勢な強いチームを救済する」意図が強く、日本での「優勝を逃した下位チームを救済する」措置とは、考え方によっては真逆なものになります。

ただしかし、消化試合を減らしシーズン終盤まで(優勝チーム以外を)盛り上げる役目は果たしてきました。観客を集め利益を上げることが目的のプロですので、採算面も無視できません。なら当初に戻り参考にした大リーグ方式に近付ける必要もあると思います。パリーグ先行で始まったが故に、セパそれぞれで分けて行われているCSの統一です。例えば、セパの優勝チームはシード、そしてセリーグ2位とパリーグ3位、パリーグ2位とセリーグ3位とで対戦、勝ち残ったチームが優勝チームと対戦する、という具合。これなら、優勝チームを”2度決め”する今の制度の欠点を多少は緩和できると思います。最終トーナメント全体を「日本シリーズ」とすれば、「優勝チームが日本シリーズに出られない」という状態からは一応脱することができます。

2018年10月17日 (水)

大学OBOG展

今月11日から15日、東京・渋谷で卒業した大学でのOBOG展「オール青山美術展」が開催されていました。それもあってここ暫く慌ただしい上京が続いていました。私は初参加です。展示会は15日無事終了、ただ私自身は全くの無事ではありませんで、13日に行ったラグビー場が寒かったせいか風邪をひき、14日夜には38℃超え、15日朝でも37.6℃ありました。しかし搬出には無理してでも行かねばと、ぎりぎりまで寝床で体力温存した結果なんとか熱は下がり、午後に出発して展示終了の15:00の10分前にようやく画廊にたどり着き、何とか搬出を済ませることができました。まずは一安心。

搬入は10日の午前、10:30からでした。栃木から駆け付けるのは結構忙しかった。参加された方のほとんどが私の入学前に卒業された方々なので、実際にお会いするのは初めての方がほとんどです。今回の展示会は「第2回」を名乗っていますが、元々は他の方か幹事で長年(15年ほどと聞いています)開催されていたものがあり、その方が高齢を理由に「解散・終了したい」とのことで一旦終了、組織改編しての「第2回」となります。ですので皆さん展示準備には手馴れているのですが、なんせ43人43点出品で展示準備には23人が参加しています。絵好きが23人も居ると却って面倒、(展示位置が)高いの低いの(間隔が)狭いの広いの、なかなか決まらず、上げたり下げたりあっちとこっちで作品入れ替えたり(色合いとか大きさとか額の違いとかで)で、展示の終了するまでに5時間を要しました。(昼食時間を含む)

Img_20181010_131351_2 Img_20181010_131433 Img_20181010_131508 

しかし皆さんお元気です。最高齢は昭和6年生まれとか。絵の他に登山も現役でされているとか。驚きです。65歳の私が”若手”になる(ほぼ最年少)年齢層です。「若手でPCもできる貴重なニューフェース」として期待されているようで少々荷の重い雰囲気もあります。参加者には全国公募展の会友の方がお2人、ばかりか公募団体の代表を務めている方、プロの陶芸家・写真家もいらっしゃる反面、学生時代美術部に所属していなかった方も意外と多く、様々です。今回ひとつ下の後輩を誘って共に初出品したのですが、もう少し下の年齢層の後輩も加入させなきゃ今後が厳しいような・・・。2枚目の派手なのが私の作品、復帰後1年ちょいでようやく色が戻ってきました。最後から2枚目は美術部先輩の水彩画、日本水彩画会会友です。

Img_20181010_135313_2 Img_20181010_135139_2 Img_20181010_135353_4 

Img_20181010_143517 Img_20181010_135331_2 Img_20181011_163123_3 Img0031_3 

会期中は搬入翌日の11日にも上京しました。折角なので途中上野に寄り、日本版画協会の「版画展」を観てきました。版画協会に友人が居り、案内ハガキ(招待券を兼ねる)を貰っていたので無料で入れます。

Img_20181011_142338 Img_20181011_134139_2 Img_20181011_135030 Img_20181011_135105_2 

Img_20181011_135345_3 Img_20181011_140236_4 Img_20181011_140400_2 

Img_20181011_140609_3 Img_20181011_141020 Img_20181011_135214_3 

最後が私の友人の作品、木版画です。「版画展」は昨年も鑑賞しましたが今年も楽しく観ることができました。性に合っているようです。昨年の展示会では”チャリティコーナー”で販売していた作品を購入、家に飾ってあります。堀江良一氏の作品です。Dsc04022_2

 

2018年10月13日 (土)

ラグビー ワイルドナイツ

ラグビートップリーグ、パナソニックワイルドナイツvsリコーブラックラムズ、観戦してきました。お隣太田市での開催です。会場到着は1時間前、駐車場は満杯、近くのスーパー駐車場に誘導されました。着いてから知ったのですが、野球場では日本女子ソフトボールリーグの公式戦もやってました。これじゃ混むはずだ。

トップリーグの試合は今シーズン初観戦です。チケットはネット経由で自由席ペア券を購入済み(2枚で3,000円)です。同伴はもちろん家内。おやつにたこ焼きを買って入場。よく確認しないで入ったので相手ブラックラムズ側に入ってしまった。でもまぁ、圧倒的にホームだし、パナ側は混んでるみたいなので却って良かったかも。前の方にリコー応援団、周囲にもパラパラ。個性的な団長さんで、一緒に応援はしないけど面白かった。アウェイ遠征は大変ですね。リコーに母校青学大出身選手が居ました。

Img003 Img005 Img006 

試合は予想外、2年振りの優勝を狙いここまで全勝のワイルドナイツが苦戦、開始早々に先制トライを奪われる展開。その後追い付き追い越すも再び追い付かれる。スクラムも押され気味。後半になるも状況は変わらず。寧ろ焦りが出ているのかパナ側に反則が多くなり2枚のイエローカードを受け、一時は2人少ないメンバーで戦わざるを得ない展開に。最後の反撃も決め手を欠き結局17-26で今季初敗戦を喫してしまいました。下位チームへの敗戦は痛いなぁ~。来週は熊谷でキャノン戦、どうしよう?来月地元足利にも来るのだけれどその日はゴルフとバッティングしてる。

Img_20181013_125225_3 Img_20181013_125427 Img_20181013_132205 

Img_20181013_132423 Img_20181013_134456 Img_20181013_140444 

先週もラグビー観戦していました。昨年に続き青学大ラグビー部が足利市で試合をしたのです。関東ラグビー対抗戦Aグループ公式戦、対戦相手は昨年と同じ早稲田大です。昨年は足利開催の意味が理解できなかったのですが、今年は判りました。熊谷ラグビー場改修のせいだったのですね。基本2年限りだそうですので今年だけとなります。ただ来年はW杯ラグビーです。熊谷ラグビー場は使えるのでしょうか?来年も足利に来てもイイんだよ~。昨年は知らなかった人が多かったのか空席が目立ちましたが今年は中央席は満杯、一般席もかなり埋まってました。

Dsc04080 

試合の方はなんともはや状態、スクラムは押される、パスは繋ぐ度に後退、トライチャンスで落球等々、まさかの零封で0-123という惨状でした。元々勝てるとは思っていませんが、せめて1トライくらいは・・・。応援の旗を振る機会も無かった。これで3連敗ですが負けるべき相手に負けての連敗ですので想定の内ですが、昨年に比べても点差が大き過ぎます。後半の日体大・成蹊戦に向けてしっかりと修正していって欲しい。パナ戦で先発活躍したリコーの先輩高橋選手を見習って。

Dsc04070 Dsc04073 Dsc04074 Dsc04077 

Dsc04078 Dsc04079 Dsc04081 Dsc04082 

Dsc04083 Dsc04085 Img_20181007_132351 

2018年10月 5日 (金)

10月4日、東京展示会散策14.000歩

続きです。「藤田嗣治展」鑑賞目的での上京ですが、折角東京まで行くのですから1ヵ所では終われません。上野から六本木(乃木坂)に移動します。

乃木坂と言えば「国立新美術館」です。本来の本命は「ボナール展」なのですが、こちらは12月まで会期がありますのでまた別にゆっくり来ます。前売り券は買ってありますので(急に気が変わったり)念のため一応はバッグに入れてきましたが。

国立新美1ヵ所目は「一期会展」、地元画材屋さんに招待券(案内ハガキ)がありましたので無料で入れます。観るのも初めてですが今回初めて名を知った公募団体です。概要を見ると1970年創会、比較的新しい団体ですがそれでも50年近くの歴史があるのですね。出品作レベルは一言で言ってあまり高くはありません。会友辺りでも「ちょっと上手な素人」程度です。言い過ぎかな?写真も撮りましたが必然枚数は少なくなります。大賞作品も、悪くはないけど”大賞”としては若干?マークも感じます。 http://ikkikai.info/index.htm

Img_20181004_145829_3 Img_20181004_150641_2 Img_20181004_152405_4 

2ヵ所目「自由美術展」、自由美術家協会は1937年の創立、創立メンバーには山口熏・濱口陽三・瑛九らが名を連ねます。難波田龍起は当時まだ会友です。今回が第82回展、私の地元からお2人が会員として出品していました。抽象画が主体です。最初は良いのですが抽象画ばかり沢山観ていると段々どれが良いのか判らなくなってきます。善し悪しでは無く、好き嫌いで判断する傾向がどんどん強くなってしまう気がします。写真を沢山撮りましたが、会の傾向というより私自身の”好み”を現すだけかも。会場で珍しい風景を見ました。審査員らしき10数名が作品を周り、指さした先品毎に挙手した人の数をメモして行きます。どうやら審査のようです。そう言えばまだ受賞表示がありません。どの作品の評価が高いのか付いて周りたい興味もありましたがそれも怪しいので止めました。後ほど発表される評価、私の”好み”と比べてみましょう。入場料は800円。 http://jiyubijutsu.org/

Img_20181004_155619 Img_20181004_153153 Img_20181004_153640_5 Img_20181004_154429_4 

Img_20181004_154719 Img_20181004_154833 Img_20181004_155240 

Img_20181004_160615_2 Img_20181004_160758_2 Img_20181004_160930_6 

3ヵ所目「一陽展」、一陽会は1955年の設立、私の生まれた2年後です。二科会を退会した鈴木信太郎・高岡徳太郎・野間仁根の3人で作ったとか。高岡という人は知りません。抽象・半抽象・具象画混在しています。入場料は800円ですがボナール展半券提示で半額になります。前売り券は持ってはいるのですが、ロッカーに預けたバッグの中です。手元に持っていないのに「お持ちなら大丈夫です」と半額対応頂きました。なにより信用して頂けたのが嬉しかったですね。 http://www2.ucatv.ne.jp/~itiyokai.snow/

Img_20181004_170401_3 Img_20181004_161536_2 Img_20181004_162613_3 Img_20181004_163011

Img_20181004_163053 Img_20181004_163119 Img_20181004_163204 Img_20181004_163253

Img_20181004_165309 Img_20181004_170120_2 Img_20181004_170205_3 Img_20181004_170304

公募展というもの、私が熱心に絵を描いていた高校大学時代では”権威の象徴”でもありました。若手前衛作家には”旧時代の権威”とも捉えられ、そういった連中は海外ビエンナーレ等に出品、ヴェネチア・ビエンナーレ大賞受賞の池田満寿夫のような時代のヒーローも生み出されました。否定的な見方をされていた一方、世間的には未だ権威を保っていた時代でもあります。日展・モダンアート展・新制作展等、私も時折観に行っていました。

その時代に比べると、「時代を動かす」という立ち位置は薄くなってしまっています。会によってレベルは異なりますが、「素人日曜画家の集大成」といった傾向も強くなっているように思っています。つまりは、一般出展者にとっては「画壇デビューして時代を先導しよう」というより、「自身の画才の腕試し」的な傾向、入選までならば「頑張れば手が届くかも?」と思える範囲にまで身近になった、というか。

私自身、昨年から再び絵を描き始め、もちろん今更プロ画家を目指すわけではありませんが、やるからにはある程度の”挑戦!”もしてみたいと思っています。そんな気持ちもあり、ここのところ都美術館・国立新美術館での公募展を見て周っています。作品傾向と入選レベルを確かめるために。できるなら来年秋に予定している東京でのグループ展までに、「○○会入選」とかの肩書を得たい気持ちもあります。高校大学生時代でしたら若気のプライドで「古臭い旧時代の権威」と否定したでしょうが、そんな歳でもありませんし、また公募展自体にも敢えて目くじら立てて否定するほどの権威も、もうなくなっているように感じますし。来春か来秋か、何処かには出品挑戦はしてみます。有言実行するほどの自信はありませんので今頭に描いている出品予定先発表は控えますが、来年の今頃、東京での展示会詳細発表の頃に、良い報告の出来るよう、作品制作に励むことにしましょう。

「藤田嗣治展」東京都美術館

昨日、東京都美術館で開催中の「藤田嗣治展」に出かけてきました。会場到着は11時半少し前、平日にも係わらずチケット売り場には行列が、入場も「20分待ち」です。会期終了も迫っていますし人気画家ですのでしょうがないか・・・。昼食時間も近いので先にお昼を済ませましたが、再訪も状態は変わらず。列に並びました。平日に行けるようになってからは1番の混雑ですが、昔々のデパート特設会場展示会での大混雑を経験していますので、鑑賞環境は随分と良くなっています。当日券一般1.600円、65歳以上のシニア券は1.000円でした。

Img_20181004_134034 Img_20181004_120826_3 Img_20181004_121755_5 Img014_3 

https://www.tobikan.jp/exhibition/2018_foujita.html

http://foujita2018.jp/

没後50年、”史上最大級の大回顧展”だそうですが、さすがに100点を超える作品が展示されて、時代変遷がよくわかります。私達が思い浮かべる、乳白色の裸婦は藤田のごく一時期の作風であったことを知りました。渡欧前の東京美術学校での黒田清輝らの指導を受けた外光派・白馬会系の作品は想像の内ですが、南米旅行中の作品には驚きました。色彩・雰囲気がかなり異なります。ただ、「同じ人とは思えない(会場で耳にした感想)」とまでは思いません。やはり一貫した立ち位置はあるように感じます。もうひとつ思い違いしていたこと、ポスターにもなっている片肘を付いた女性像ですがNYで描いたものだったのですね。パリだとばかり思っていました。どっちでもよいのですが、パリの印象ばかりが強い。意外と藤田に関して無知だった自身を改めて知りました。

パリ滞在中でも、初期にはピカソ・ブラックのキュビズムに影響を受けた作品もあり、交友のあったというモディリアニ風の女性像も描いています。乳白色裸婦でも、後半は線取りの外に白いラインが光り、切り取った画像を貼り付けたような違和感のあるものになっています。シュールリアリズムの影響かも知れません。

以前から疑問に思っていたことがあります。藤田作品にパリの土産物店にでも売っていそうな、売り絵的な、子供を描いた作品があります。ヤフオクなどでは馬鹿みたいな安値で売られています。「藤田の作風と全く違う、一目で解るニセモノじゃないか!」と思っていましたが、時折まともな画廊でも飾られていることがあり、疑問に思っていました。今回の展示では戦後パリに戻ってからの作品にその手のものがありました。子供そのままというより、人形のように描かれています。解説でも、目の前の子供を描いたものではなく、藤田自身も人形を愛し集める趣味を持っていたとか。ヤフオクのものはあまりに世俗的雰囲気ですのでやはり偽物でしょうが、偽物になる元となる藤田作品の存在したことを確認できました。しかしこの時代の人形的子供作品もそうですが、藤田の描く人物画には”笑顔”がありません。笑っていなくても微妙な微笑みくらいはあってもよさそうですが見当たりません。無表情というのともちょっと違うように感じます。無機質でも無く、何かしらの感情は込めているようにも思うのですが適当な表現が見つかりません。

« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31