無料ブログはココログ

« 最近観た映画 | トップページ | 森高さんライブで新潟へ、 »

2019年7月16日 (火)

最近読んだ本

514czxfndal__sx344_bo1204203200_

 

 「ポルトガルの夜明け」竹島眞澄 文芸社

 来年は結婚40周年に当たります。記念して海外旅行など、と漠然と考えています。その行き先候補のひとつがポルトガルなので「何かポルトガルに関する本を、」とネット検索で行き当たったのがこの本でした。12世紀イベリア半島でのレコンキスタ(国土回復運動)時代を描いた作品です。ポルトガル黎明期のアフォンソ1世とその母親テレーサを中心として展開します。作者は京都大学物理学科卒の理学博士、小説趣味が高じて著した、との感じのようです。小説としては素人色満々、歴史小説ファンらしく時折三国志時代の中国や頼朝・義経等を例示した部分にも違和感があります。随分と努力されて調べ上げたのでしょうが、小説としての一貫性に乏しく物語としての盛り上がりに欠けます。あまり日の当たらない黎明期ポルトガルの知識を得た、というのが唯一の収穫と言えるかも知れません。

51bdcm5kjql__sx334_bo1204203200_

 

 「青い眼がほしい」トニ・モリスン 大社淑子訳 ハヤカワepi文庫

 椎名林檎嬢お気に入りの西加奈子さん推薦という、二段階推薦で買ってきました。ノーベル文学賞受賞作家のデビュー作です。出版は1970年、1960年代の黒人社会を描いています。公民権運動が盛り上がっていた時代だと言うことですが、その当時のアメリカでの人種差別がどのようなものだったのか?想像ができません。その点で理解できない部分も多いのですが、一般的に多く見られる”白人からの差別に反発する黒人”というテーマ設定で無いことは判ります。”黒人社会内での自己差別”とでもいったものなのでしょうか?かなりドロドロした現実が描かれています。読んでいて苦しいほどに。少なくとも読後感の良い作品ではありません。最も理解できなかったのは作者の”あとがき”です。頭の中がごちゃごちゃになりました。

51nkxosd7l__sx350_bo1204203200_

 

 

 「キネマの神様」原田マハ 文春文庫

 ここからマハ作品3連発になります。上記2作品の後にマハ作品を続けて読んだ、ということではありません。常に数作品を並行読みしていますので、並行読みの内1作品が常にマハ作品だった、ということです。今回書いた作品以外でも並行読みしている作品があります。それらは長編なのでまだ読み終わっていません。

大手デベロッパー会社に勤めていた主人公は、社内での軋轢から17年務めた会社を辞めてしまう。娘が一流企業に勤めることを自慢にしている父親はギャンブルと借金癖がある。その父親の突然の入院に長期有休と嘘をついた主人公は偶然父の”映画日誌”を見つけてしまう。返信のつもりでチラシ裏に書いた映画に対する想い。娘の失業を知った父親がそれを、映画評論として老舗映画雑誌「映友社」に送ったことが切欠で主人公は映友社に再就職することになります。時代の波でうらぶれた、嘗ては隆盛を誇った老舗映画雑誌社。父親と娘は共に、映画に対する愛着の想いに立ち返って行きます。そして・・・・。

映画好きにはたまらない作品です。映画と映画を愛する仲間たちのエピソード、涙無しでは読み切れません。さばさばと冷静な筆致、とばかり思っていた作者の演歌調大衆小説家的一面を見せられてしまいました。本来はあまり好まないタイプですが、原田マハがやるとまんまと乗せられてしまいます。「ニュー・シネマ・パラダイス」が観たくなりました。

51dez1jqpwl__sx345_bo1204203200_

 

 「太陽の棘」原田マハ 文春文庫

 戦後間もなくの沖縄、那覇の基地に派遣された若き従軍医と、仲間を募って生まれ故郷沖縄に芸術家村を作った日本人画家との交流を、実話を基に綴った作品です。文庫本の表紙には、モデルとなった医師をモデルとなった画家が描いた肖像画が使われています。マハ作品では初めて、読み始めで乗り難さを感じました。今までは「ジヴェルニー~」も「モダン」も短編集ですので前置きなく始まりますし、「キネマの~」は大衆小説的軽い導入ですので、考えてみれば私にとっては初めてのマハ本格長編でした。ただそれだけではなく、沖縄でのリアルな現実(当時の)を描き出そうという意気込みと覚悟を感じます。マハ作品としてはやや芥川賞寄りの作品と思えます。

最初こそ入り難さを感じたものの、すぐさま物語にのめり込まされました。「ここは日本じゃないんだから」というセリフに象徴される当時の沖縄の特殊事情の中で、日本人画家と米国軍人との間に芽生えた友情。”友情”という1語で現すには刹那で厳しい現実でした。

1973年の夏に沖縄に旅したことがあります。本土復帰は1972年の5月、まだ臨時措置として米国統治の名残が残っていました。ウイスキーは免税で買えましたし植物検疫も残っていました。畑で買って食べたパイナップルの甘さが印象に残る旅でした。

51gjh4zpal__sx348_bo1204203200_

 

 

 「ロマンシエ」原田マハ 小学館文庫

 パリに実在する版画工房を舞台とした、乙女心を持つ若きアーティスト志望男子の恋と夢、多才な作者による花の都の魅力満開ラブコメです。主人公の気持ちや意気込みを、当日のファッションブランドで表現しています。マハさん、アートだけでなくファッションブランドにも造詣が深いようです。ブランド名聞いても一向にイメージが湧きませんが。(笑)

この作品の凄いところは、単行本出版に並行して作中でのリトグラフ展を実際に東京で(東京ステーションギャラリーで)開催してしまったところです。作品はいつも文庫本で読み単行本は滅多に買いませんので、知らずにリトグラフ展を見逃してしまったのが残念です。

原田マハ3連荘を書かせて頂きました。「キネマの神様」は2007~2008年、「太陽の棘」は2012~14年、「ロマンシエ」は2015年に書かれた作品です。3作それぞれに筆致が異なりますが、時代による変遷ではなくテーマによるもののようです。器用過ぎて心配になってしまいます。買い置きでは「暗幕のゲルニカ」が控えていますが、初心に戻ってデビュー作「カフーを待ちわびて」も読んでみたい気持ちも起きています。取り敢えず、マハさんに関してはひと息置きます。

9784062077507

 

 「介子推」宮城谷昌光 講談社

 自身の書棚からではなく、市内の喫茶店「杏奴」蔵書で読みました。5~6回通ったかなぁ~?読んだ内容に憶えがあったのですが、同じ作者の「重耳」で登場する人物なのでそのせいと思っていました。先程書棚を確認したら文庫本でありました。そのものを読んでたんだ・・・。

戦国時代の晋の公子・重耳に仕えた棒術の名手、その真摯な奉仕で伝説的に伝えられた人物です。あまりに純粋過ぎて人物像としてのリアル感には欠けますが、さすが宮城谷昌光、物語としては十分に成立しています。単独で読むよりやはり、「重耳」と合わせて読んだ方が興味深いように思えます。重耳本人は「重耳」での方が遥かに魅力的に描かれています。一時は宮城谷ワールドに嵌りひたすら読み続けていました。今回は久々の回帰です。

「杏奴」は足利市内にある喫茶店、天井まで届きそうな書棚が印象的です。お借りして読みながらの珈琲タイムを時折楽しんでいます。Img_20190704_154414

« 最近観た映画 | トップページ | 森高さんライブで新潟へ、 »

文化・芸術」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 最近観た映画 | トップページ | 森高さんライブで新潟へ、 »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31