« ラグビートップリーグ観戦2戦目 | トップページ | 足利フラワーパーク »

2021年4月26日 (月)

足利市民会館の閉鎖

知人の展覧会を観に地元足利市民会館へ。画歴42年、巡り歩いた日本&海外の風景を描いた油彩画作品が並びます。作者の人生の軌跡を見る思いがします。今年6月で閉館する市民会館、「無くなる前にここで個展を」との願いは叶いました。おめでとうございます。2日間だけの展示ですし、交遊の広い方のようで館内は多くのお客様を迎えていました。プライベート配慮で、写真は人の居ない部分に絞って撮影しています。
Img_20210425_103959 Img_20210425_104149 Img_20210425_104024
昭和41年に開館した足利市民会館、まだ繊維産業で潤っていた足利市、当時としては近隣では群を抜く近代的大規模施設でした。当時私は小学生でした。その後繊維産業は凋落、栃木県第2位の人工を誇った足利市も今では4位に転落、市民会館も老朽化の一途を辿り、耐震性危惧もあり取り壊しが決まりました。財政逼迫の折、新施設建設の目途も経っていないままでの取り壊しです。音響の良さで、地方都市としては珍しいNHK交響楽団定期演奏会(1999年から)の開かれてきた大ホールも無くなります。痛みは隠せないながらも、各種愛好団体での展示の行われてきた別館展示場も無くなります。市民プラザの改修による展示施設が用意されるそうではありますが。
私は41年前の12月に、足利市民会館で結婚式を挙げました。下世代の方々には、市民会館と結婚式との繋がりイメージが湧かないかも知れません。当時はメジャーな結婚式会場でした。ホテル宴会場も専用結婚式場も無かった時代です。昨年末に40周年を迎えましたが、予定していた記念旅行もコロナで延期となっています。当時を思い出しながら、写真を撮ってきました。最後の写真、背景にあるステンレス彫刻は足利市出身の世界的彫刻家:飯田善國作品です。何処に移転されるのだろう?
Img_20210425_105538 Img_20210425_105634 Img_20210425_105231
Img_20210425_105119
そして忘れてはならないのは、足利かがやき大使・森高千里さんと市民会館との縁です。勿論、名曲「渡良瀬橋」の取り持つ縁です。当時の全国ツアーでの”ダブルアンコール”エピソードはファン内で語り継がれています。そして育児休養明けの再開コンサート出発の地も、ご本人の希望で足利でした。コロナ禍で延期となった今回の「森高千里 この街ツアー」、閉館に間に合ったことは幸いでした。5月25日(火曜)、勿論参戦します!
00000022_eye_catch__thumb Img_20210424_075058-1

« ラグビートップリーグ観戦2戦目 | トップページ | 足利フラワーパーク »

ニュース」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

森高千里」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ラグビートップリーグ観戦2戦目 | トップページ | 足利フラワーパーク »

無料ブログはココログ
2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30