無料ブログはココログ

2016年12月26日 (月)

「君の名は。」

メジャー系の作品はあまり観ないのですが、「興行収入200億円越え!」の声に逆らえ切れず観てきました。もう盛りは過ぎていますので、シネコンの中では小さめの箱に変わっていましたが、それでも結構席が埋まっていました。私の観に行く作品ではいつもがらがら、家内と2人切りでの貸し切り上映も確か2度ほどありましたので、それに比べるとだいぶ雰囲気も異なります。

さて作品の感想ですが、中々良くできていますし映像も綺麗です。ただ、世間の騒ぎとのギャップは埋めきれませんでした。これはいつものことで、「永遠の0」でも「そんな騒ぐほど?」との感想でしたし、逆に感激した作品、高評価の作品は世間ではあまり話題になりません。どうも世の中と価値観がずれてしまっているようです。元々アニメ作品では、宮崎駿作品は大体観に行っていますし、興収1位の「千と千尋の神隠し」も良かったとは思っていますが、今までに観た歴代作品の中では上位に特筆するほどには思っていません。アニメ作品は、現実離れした内容で描ける自由さはありますが、やはり現実的リアル感に乏しく、自身の内面に融合した迫り来る感じ、なんと言うか、結局は自分には関係のない作り物の世界という感覚が抜けきれないのです。要は感情移入できないのです。映画をエンターテイメントとしてよりも、無意識的に、純文学的感覚で受け止めようとしている部分のあることも影響しているのでしょう。「君の名は。」は、私の中では、「悪くない作品」の範囲を超えるものではありませんでした。前半では眠気を感じる部分もありましたし、感心はしたものの、瞼を熱くする場面もありませんでした。感涙ということでしたら、宮沢りえ主演の「湯を沸かすほどの熱い愛」の方が何度も泣かされましたし、「映像が綺麗」とは言っても所詮絵具色彩の人工的綺麗さで、今年観た作品の中でも、英国映画「愛しき人生のつくりかた」でのノルマンディー海岸の実写映像には勝てはしない気がします。

今年は例年より多く邦画を観ています。確かに邦画当たり年だったのだと思います。「シンゴジラ」は面白かったですし、「殿、利息でござる!」「64」「家族はつらいよ」、いずれも入場料の元を取った作品だったと思います。しかし昨年の「百円の恋」を超える作品には出会えていません。そしてその、近年で一番感動した作品が、どの作品よりもマイナーで知名度が低いことが残念ですし理解できません。映画作品のヒットは、近年ではその質・内容よりも宣伝効果の方がより重要な要素になっているそうです。宣伝に騙されてがっかりした作品も多々ありました。それはまだ良いとして、優れた作品が世間にあまり知られず消え去ってしまうことが残念でなりません。

2009年10月26日 (月)

「カムイ外伝」

子供の頃親しんだ漫画でした。小雪出演もあり、観に行ってきました。

序盤はそこそこ楽しませてくれます。霞切りや飯綱落としなど、懐かしく思い出しました。しかし途中から停滞気味、昔の原作漫画の筋を思い出さなくても、「ああ、きっと死んじゃうんだな」とか「あいつが怪しい」とか、予めばれてるネタを忠実に辿る展開に終わります。小雪の忍び姿は様になってないし、彼女のキャラクターが生きていません。佐藤浩市演じる殿様も形骸的で嘘くさ過ぎます。全体に「やっぱり所詮漫画原作だから・・・」とか思わせてしまう設定です。身分制度に苦しむ最下層の非人として生まれたカムイを主人公とした、当時の漫画としてはかなりメッセージ性の強い作品だったと思うのですが、そういったテーマは十分には描かれていません。かといって娯楽作品として出来上がってもいません。どっちつかずの中途半端さを感じました。http://www.kamuigaiden.jp/

カムイ伝全集 第1部(1(誕生の巻)) カムイ伝全集 第1部(1(誕生の巻))

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

カムイ外伝 カムイ外伝

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

2009年9月 6日 (日)

「ホッタラケの島」

家内は先週に続いて2度目の「奴・奴・奴(グッド・バッド・ウィアード)」を観に、私は時間帯の合う別の作品を観る、というつもりで、当初は「サマーウォーズ」を予定していました。ところが「サマー~」はもう1日1度だけの上映、そしてその1度は遼君の決勝戦(フジサンケイクラシック)と重なってしまう・・・。迷った末TVでのゴルフ観戦に決めました。遼君はメデタク今期3勝目をあげました。

月刊石川遼(vol.1) 月刊石川遼(vol.1)

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

行った先決めで取り合えず映画館へ。「剣岳」と「宇宙へ」は惜しくも始まってしまっていて、時間の合う選択肢は「BALLAD」と「ホッタラケの島」程度でした。「BALLAD」は”血も出ない死体も無い戦場”との噂を聞いていたのでパスしました。それじゃ「水戸黄門」だし。

てな事で観る事になった「ホッタラケの島」、TVでの予告編以外、何ら事前情報を持たずに観ました。http://www.hottarake.jp/index.html 良かったか?と聞かれれば「う~ん」と迷うけれど、悪かったというほどでもない。お話しはまあまあだし、映像も綺麗でそこそこ迫力もありました。でもどうも、宮崎アニメみたいな引き込まれ方がありません。CGアニメの主人公達の、中途半端なリアル感のせいかも知れません。マネキンかセルロイド人形がしゃべっているようで、感情移入がし難い、ヘンな違和感があります。動きも、スローモーションの早回し、というと可笑しいですが、メリハリのない不自然さがあります。やっぱり「サマーウォーズ」を観たかったなぁ。

2009年8月24日 (月)

「エヴァンゲリヲン新劇場版:破」

隣市のシネコンで観てきました。日曜夕方の回で観客は20人ほどでした。公開から日にちも経っていますし、そろそろ終了間近でしょうか。http://www.evangelion.co.jp/

TVシリーズは複数回観ていますし、初回映画版も観ました。そうでないと、いきなりこれだけ観てもわけが判らないかも知れません。なんやかんや複雑ですし面倒です。しかしまぁ、他のアニメと違い、今回突然に観に来るお客も少ないでしょうから、製作側もその前提で作っているのでしょう。

新世紀エヴァンゲリオン(1) 新世紀エヴァンゲリオン(1)

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

速い展開と迫力は、下手なハリウッドCG映画を超えた迫力を持ちます。まさに息つく間もない、手に汗握る展開です。それでいて機械ではない、”ひと”としての葛藤を下敷きにした物語に仕上げています。さすがエヴァの名に恥じぬ作品に仕上がっていると思います。しかしあそこで「赤い鳥」はまいったなぁ~。スタッフは同世代かな?

【CD】赤い鳥/GOLDEN☆BEST<2002/06/19> 【CD】赤い鳥/GOLDEN☆BEST<2002/06/19>

販売元:CDショップ アビーロード
楽天市場で詳細を確認する

2007年9月 3日 (月)

「キャプテン」

昨日の日曜日に観てきました。早世してしまったちばあきお氏の漫画、「キャプテン」と「プレイボール」は好きでしたし、”オール栃木県ロケ”にも興味がありましたので。

公式HPにはこんな文章が書かれていました。「現実的で、欠点を持ちあわせ、魔球も無ければ、恋愛の要素を微塵も感じさせない、極めて等身大の中学生を主人公に描いた飾り気のない野球まんが」 この文章通りの作品です。魔球も剛速球も、人間離れした漫画的スーパースターも登場しません。「一生懸命がんばれば自分でも!?」と思わせる程度の”スポ根”漫画が原作です。映画では、やや雰囲気の異なる部分もありますが、原作の大事な部分はちゃんと(制限の範囲内で)表現していると思います。主人公・谷口タカオを演じる布施紀行君は、どうやら全くの素人のようです。演技の域に達しないそのセリフ使いも、素朴でシャイな原作での谷口君を表現するには、大きくは外れていないようにも思います。これも監督の思惑通りなのでしょうか?

ストーリーは単純明快、予想通りのお決まり手順を踏んで進みます。しかしその事に、飽き飽きもせず白けもせず、時にジ~ンと胸にこみ上げるものがあります。結末にも安心し、爽やかに見終わる事ができました。HP表紙の言葉、「現実的で、」とはありますが、果たして本当に”現実的”なのでしょうか? 寧ろ、ありそうで無い、一種の理想系の結集された物語なのかも知れません。http://www.captain-movie.com/cast/index.html

栃木県ロケに関しては、一部見覚えのある場所もありましたが、宇都宮は詳しく知りませんので、身近に感じる部分はそう多くありませんでした。ちなみに予選に登場した、陽南中や陽北中は実在します。撮影協力一覧にも載っていましたの、実際にそれぞれの野球部員がプレイしていたのでしょうね。

キャプテン (1) Book キャプテン (1)

著者:ちば あきお
販売元:集英社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

プレイボール (1) (集英社文庫―コミック版) Book プレイボール (1) (集英社文庫―コミック版)

著者:ちば あきお
販売元:集英社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

プレイボール 2nd vol.1 DVD プレイボール 2nd vol.1

販売元:IMAGICA
発売日:2006/04/26
Amazon.co.jpで詳細を確認する

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31