無料ブログはココログ

2017年3月30日 (木)

”刀剣女子”がやって来た!

今週末4月2日まで、地元足利市の足利市立美術館にて「山姥切国広展(http://www.watv.ne.jp/~ashi-bi/2017kunihiro.html)」なる企画展示会が開かれています。戦国時代の刀匠・堀川国広の代表作と言われる、重要文化財「山姥切国広」が展示されています。以前、国広が足利学校で打ったとの、足利市民財団所蔵の短刀「布袋国広」が同美術館で展示されたことがあり、家内と訪れました。その折、”刀剣女子”という言葉を初めて知りました。刀がイケメン男子に擬人化された「刀剣乱舞」なるゲームがあり、その流れで刀剣に興味を持った女性達を”刀剣女子”と呼ぶとか。「布袋国広」展示の折にも、それらしき、普段市立美術館ではあまり見かけない若い女性客をチラホラと見かけました。今までも”御朱印ガール”とか”歴女”とかの話題がマスコミで取り上げられましたけれど、私自身御朱印帳は持っていますが、それらしき姿に遭遇したことが無く、「珍しいから」「少数だから」話題として取り上げられるだけ、との認識でいました。それが今回は大きく事情が異なっていました。

展示会初日、「入館4時間待ち」との、全く予想外の情報が入ってきました。それ以降でも、美術館周辺はもちろん、駅から美術館へ向かう道筋、足利学校周辺等でも、”刀剣女子”らしき姿を平日でも頻繁に見かけるようになりました。展示会に合わせた”國廣メニュー”提供の飲食店では、昼時に長蛇の列のできているのも目撃しました。人口減少、ドーナツ化、そして地方都市特有の車社会ですので、普段の街中は歩く人をほとんど見かけません。こんなに歩く人を見るのは、13年の森高千里さんライブの折以来かも知れません。それも、森高さんライブの折は2日間のみライブ会場への行き帰り時間のみですが、今回は会期中ずっとその状態が続いています。会期当初の「4時間待ち」対策として会期途中からは整理券の配布が始まり、指定入場時間までは市内散策に出歩けるようになり、足利学校や鑁阿寺等でも広く”刀剣女子”を見かけるようになりました。30年?も昔に一時「信長の野望」に嵌った時はありましたが、それ以降ゲームに夢中になったことはなく、今回の事態は想像の他でした。

28日の火曜日、話のタネに美術館へ行ってみることにしました。午前中は混み合うだろうからと午後ゆっくりに出て、到着は午後3時頃でした。しかしこれがまた事態を軽く見過ぎていたことになります。平日にも関わらず、入館できるのは早くに来て整理券を得た人達のみでした。整理券配布で館外に人込みはありませんが、館内には「午後3時入場」の整理券を持つ人の列ができています。

Img_20170328_151915 Img_20170328_152124_3 Img_20170328_151941 Img_20170328_152227 

もう入館はできないわけですし、元々刀剣には差ほどの興味を持つわけでもなく、興味の方向は”刀剣女子”にあったわけで、残念な気分もあまりなく美術館を後にしました。後は刀剣女子ウォッチング、市内をブラ歩き、鑁阿寺を目指します。

途中「ハマダプラザ(旧ハマダレコード)」店内を抜けてみました。ここの社長さんは今回の「國廣降臨」企画の中心人物の一人です。店内カフェは刀剣女子で埋まり、オリジナル関連グッズ「刀剣クランチチョコ」や刀剣乱舞関連のグッズ賞品が並んでいました。重要文化財・山姥切国広は個人所有です。その出展を粘り強く交渉してきた美術館関係者、そして商店会を動かしポスターや旗指物の制作や設置を行った浜田さんを始めとする方々、その苦労は並大抵ではなかったものと想像します。”街興し”は行政頼みでは決して成功しません。こういった現場の方々の地道なご苦労の上にしか成立しないものと思います。

今回のイベント盛況の要因は、もうひとつ重要なものがあると思っています。それは「足利」という街そのものが持つ歴史です。単に「刀の展示会」だけではこれだけの盛り上がりにはならなかったと思います。山姥切国広所有者が展示を許可下さったのも、堀川国広所縁の足利学校のある足利だったからこそでしょうし、訪れる”刀剣女子”の皆さんにも、鎌倉・室町の風情を残す足利学校・鑁阿寺の存在は欠くべからざるものであったと想像します。地元に住む人々にとっては当たり前の日常で、単なる田舎、地方都市にしか過ぎないのですが、こういった時には、文化資材に恵まれた土地柄なのだと、思い知らされます。鑁阿寺にも足利学校にも、多くの”刀剣女子”の姿を見ることができました。

Img_20170328_155934 Img_20170328_153725 Img_20170328_155511 Img_20170328_160043 

ちなみに、足利学校内にある森高千里さん植樹の藤、今年は花咲きそうです。時期は4月下旬から5月初めでしょうかね?

Img_20170328_155239 

2007年12月11日 (火)

戦国武将人気

今朝の番組(多分フジTV)で、「若い女性の間で戦国武将人気が高まっている」との取材記事が放送されました。それがどうもゲーム(RPG)発端での人気だとか。

戦国BASARA2 オフィシャルコンプリートワークス (カプコンオフィシャルブックス) Book 戦国BASARA2 オフィシャルコンプリートワークス (カプコンオフィシャルブックス)

販売元:カプコン
Amazon.co.jpで詳細を確認する

人気武将アンケートでも、男性人気の織田信長・武田信玄に比べ、女性に人気なのは伊達政宗・真田幸村・石田三成とかでした。これもゲームでのキャラクター設定が影響しているようです。

戦国BASARA2 戦極像 真田幸村 (ノンスケールPVC塗装済み完成品) ボイス機能搭載 Toy 戦国BASARA2 戦極像 真田幸村 (ノンスケールPVC塗装済み完成品) ボイス機能搭載

販売元:壽屋
発売日:2007/10/31
Amazon.co.jpで詳細を確認する

インタビューでも、歴史観や史実よりも、物語としての「愛と友情」みたいなものに魅力を感じている風でした。石田三成と大谷刑部や島左近との”友情”なのでしょうか?

以前には、「スラムダンク」でバスケ部人気が高まり、「るろうに剣心」で剣道部女子部員が増えた、との現象もありました。殷周革命時を描いた「封神演義」が漫画化された時には、私の書棚にあった「封神演義(安能務訳・講談社文庫)」を当時中学生だった私の娘が読み、そのまま級友達に回し読みされました。通常なら、女子中高生が興味を持つような作品では無いはずです。漫画・アニメの影響力の大きさを知らされた出来事でした。

スラムダンク
提供東映株式会社
提供:@niftyコンテンツ
るろうに剣心 DVD-BOX 全集・剣心伝 DVD るろうに剣心 DVD-BOX 全集・剣心伝

販売元:アニプレックス
発売日:2006/12/20
Amazon.co.jpで詳細を確認する

封神演義―完全版 (06) Book 封神演義―完全版 (06)

著者:藤崎 竜
販売元:集英社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

封神演義〈上〉 (講談社文庫) Book 封神演義〈上〉 (講談社文庫)

販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

そんな事が切っ掛けで歴史に興味を持って貰えれば幸いですが、実際にはそういう方向にはあまり進まないようです。歴史小説と史実とを混同してしまう事は以前からよくありましたが、それともまた別、史実とは全く別の場所・分野での話題で終わってしまっているように感じます。それもなんだかなぁ、ですが、そんな事言っても仕方ないのでしょうね。真田幸村も石田三成もアイドルに成れる時代、不思議な気がします。

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30