2024年1月 7日 (日)

2024年1月2日・3日、箱根駅伝。

2024年、明けましておめでとうございます。新年早々北陸でも羽田でも、大変な事態となってしまい「おめでとう」と言い辛い年初にはなってしまいましたけれど…。

我が家の正月は2日からの箱根駅伝で始まる風があります。私は青山学院大学出身、部活で知り合った家内も勿論青山です。ですので2日は朝からTV前に張り付いての応援です。今年は(去年もですが)駒沢大がやたら強く、出雲も全日本もやられました。事前ミーティングでは原監督から「準優勝でいい」との言葉もあったと後から聞きました。本心なのかリラックスさせる意図だったのかは判りませんが。私自身も優勝は、半分以上諦めた気持ちで「2位を目指す」覚悟は出来ていました。多くの駅伝ファンは皆同じ気分だったと思います。結果はご存じの通りですが、「駅伝はコワイ」と、勝った身(走ったわけでもないけれど、)ながらに思います。

K10014284301_2401021617_0102162343_01_022015010317400000

あとから何を言っても結果論ではありますが、1万m27分台を確か3人?擁する駒沢に対し1人も居ない青山、しかし28分台は13人もの、絶対的エースは居ないものの層の厚い青山、原監督の選手選択での采配が生きたレースだったのだと思います。1区荒巻は区間9位と言う、他区間すべてを3位以内で走った青山にあっては最も悪い区間順位ではありますが、途中まで先頭集団を走り粘った大健闘の走りだったように思います。後続選手に勢いを与え、駒沢にスタートダッシュを許さなかった効果には繋がったかと。最強駒沢にプレッシャーを与える走りでした。誰も成し得ていない「連続3冠」はやはり大きなプレッシャーだったのでしょう。追う者は強く守る者は険しい。チャレンジャーとなればフレッシュグリーンは最強です。笑顔で走ってましたし。

Aa1mkqrg 20240103_132101 20240103_121126

20240103_110500 20240103_100054 20240103_085817

20240102_122818 20240103_132128 20240103_132405

私の現役4年時、1976年にも、青学は箱根駅伝に出場していました。最終ランナーがゴール手前150mで脱水症状で倒れ襷を繋ぐことができませんでした。それ以降33年間予選会での敗退を続けました。原監督での印象が強く「新鋭校」のように思われている面もありますが、上位成績は残せていなかったものの、出場常連校ではあったのです。佐藤一世はじめ好走した4年生は卒業しますが、黒田朝日・太田蒼生・若林宏樹、来年の青山も期待できます。

20230509_150113

2023年12月 4日 (月)

ラグビー観戦、母校応援。

12月2日は熊谷ラグビー場に母校の応援に行って来ました。今シーズン最終戦です。対成蹊大学、唯一勝てそうな相手です。前回観戦したのが優勝した帝京大戦で、1度も旗降る機会がありませんでした…。今回も油断禁物ではありますが、勝ちを期待して出掛けました。そして見事期待に応えてくれました。7トライでの43-7での快勝です。スクラムでは圧倒していました。身贔屓かも知れませんが互角に近いと感じた帝京大戦でのスクラム、強豪に磨かれた技なのでしょう。その意味でも帝京や明治と試合のできるAグループ、入れ替え戦での勝利の意味は大きい、何としても勝ち抜いて欲しい! 相手はBグループ2位の明治学院大、過去にはAグループ経験もある大学です。今シーズンのBグループ1位2位は接戦で、1位の日体大との力の差は小さいと思われます。もしかしたら成蹊大より難敵かも? 試合は17日に行われます。美大授業があるので行けません…。

20231202_114402 20231202_114820 20231202_115326

20231202_130837 20231202_102603

 

12/27追記、無事入れ替え戦勝利しました。来年もAグループに残ります。ホッとしています。

2023年4月 3日 (月)

プロ野球開幕、ライオンズ3戦目観戦してきました。

4月2日日曜日、西武ライオンズ松井監督の初勝利、ベルーナドームで観てきました。車で往路3時間10分復路2時間50分、飯食ったら眠くなって風呂入るのがやっとこでした。体力減退を感じます。歳だなぁ、2歳上の坂本龍一も亡くなってしまったし…。
Dsc05633 20230402_170946
今回は往復とも下道で行きました。一部高速利用予定でしたが道間違えて…。結果予定より遅れて試合開始50分前に到着、日曜だし開幕3戦目だし、開幕戦を上回る27,491人を集めてチケット完売、駐車場も何処も満杯😟です。試合観られずに帰ることになるのかと危惧しました。裏道にやっとこさ見つけてひと安心。平日観戦が多いので油断してました。駐車場代1,000円。停めさせて頂いたのは普通の民家の駐車場です。試合日だけ有料開放しています。
20230402_172100_20230403132801

好投した高橋を援護できなかった1戦目、大敗の2戦目、3戦目は痺れる試合でした。先発転向の平良は快調に飛ばして9奪三振、しかし強気の奪三振ピッチャーは一発の危険を持つのも常道、ゴンザレスに打たれて、マキノンの先制HRを帳消し。オリックス・山岡も好投してタイトな試合になりました。両チームとも、際どくチャンスを逃す展開です。
Dsc05637 Dsc05640_20230403133201
6_2 Dsc05645 Dsc05648

活躍したのは日本でも「しょうへい」、「鈴木将平」でした。8回のチャンスに一塁線にタイムリースリーベースヒット、2打点1得点の活躍です。9回は開幕戦で森にHR打たれたルーキー青山を再び登場させます。背中を押す栗山監督も凄いですが、期待に応える青山にも大物感が漂います。開幕戦でも、ルーキーとは思えない落ち着き神経の太さを感じさせる投球でした。森のHRも良い経験となったのでしょう。平良の転向で充実した先発陣、反対にストッパーには不安が残ります。増田も不調そうだし。青山の度胸は好材料になりそうです。
Dsc05655 Dsc05656 Dsc05660
20230402_1711479_1-1 Dsc05662

2023年2月 3日 (金)

新しい年、1月ゴルフは2回。

2023年打ち初めは19日、高級接待コース「桃里カントリー倶楽部」でした。広くて平らでキャディ付き、食事別料金でメニューみな高い(笑) 会社やっていた当時にお世話になった某社長さん主催のゴルフ会、2か月に1回程度開催されています。その半分強は参加させて頂いてます。会社閉めてしまうと交友関係がどうしても狭くなります。ゴルフだけでなく、社会を広めるためにも貴重な機会です。当日は、機械製作会社社長さんと市議会議員さんとの組でした。
20230119_083351 20230119_130041 20230119_104349
少し寒かったですが、風の無いのが幸いでした。青空の下での爽快ゴルフです。スタートして数ホールはドライバーとFウッドにミスが多い。どうも、この日おろしたニューシューズの違和感が関係したのかも?(先日のゴルフパートナーでバーゲンで2足を購入していました)  ハーフ途中から安定してきて前半は「52」で終了。この調子なら「100切れる可能性も!?」との後半、今度はパットが全然入らない。4パット3パット連発で自滅。スコアが凄いのです!「7・7・7・5・7・7・5・7・7」での「59」、実に計算がし易い!冗談みたい。元々グリーンの難しいコースです。速くはないのですがうねってます。キャディさんの言う通りには打てないし…。(過去成績を見てみたら、パット数が3回とも「43」だった…)

                                            


1月もう1回は31日、高校友人とのラウンドです。「メイレイクヒルズカントリークラブ」群馬県前橋市のお隣、藤岡市に在るゴルフ場です。高速を使って1時間弱の距離です。今の季節平日は税込み昼食付で5,800円、コスパの良いゴルフ場です。しかも天然温泉露天風呂が付いています。コロナ以降風呂の利用できない期間も長かったので、すっかりゴルフ場で風呂に入る習慣が無くなっていました。折角の露天天然なので入ってきました。
20230131_085650 20230131_110938 20230131_111047
2回目のコースですが、前回が2013年ですのでコースはほとんど憶えていません。それでも険しい山道カート道は記憶にありました。運転免許を持たないような人には危険なカート道です。アップダウンも激しいし。
20230131_133212 20230131_151127 20230131_120947
コースレイアウトが大幅に改変されていて手持ちのショットナビが役立ちません。それでいてカートにナビは設備されていません。アウトとインとで入れ替わっているコースもあります。カート道も入りくんで迷いそうです。価格は安いですが設備もそれなりです。10年近く前ですが前回は「119」でした。今回は「110」、前半は「50」でした。気力なのか体力なのか、後半に崩れることが多くなっています。 
                              

高級コースと設備イマイチの庶民派コース、格差の激しい1月でした。2月にゴルフ予定はありません。寒いから、ではなくたまたまです。遠出予定のあるせいもあります。

2023年1月 8日 (日)

2023年ラグビー初め

2023年ラグビー観戦初め、今シーズン大学(母校)対抗戦は2戦行きましたが、パナ応援は始めてです。熊谷ラグビー場、パナソニックワイルドナイツvs三菱ダイナボワーズです。互いに連勝中ですが、パナは際どい試合が続いています。前節ブルーレヴズ戦は1点差勝ちでした。いまひとつ気勢の上がらない中では三菱は強敵に思えました。因みに「ボワーズ」は「猪」だそうです。
チアリーダーズ「MissBlue」の試合前パフォーマンスではタイミング良く転回が撮れました。
Dsc05554Dsc05555Dsc05556
Dsc05557 Dsc05559 20230107_113206
立ち上がりは慎重にも思えたのですが、開始10分でダミアンディアレンデが初トライ、大西樹も連続トライを決め前半を19-0で締めます。後半は更に圧倒、終わってみれば6トライ5ゴール、後半シンビンで1人少ない時間帯に1トライ許したものの、40-5での快勝でした。攻守ともに安定していました。
Dsc05560 Dsc05562 Dsc05563
Dsc05570 Dsc05571Dsc05568
試合は安心して見られたのですが、駐車場で苦労しました。大学ラグビーと違い、混雑で苦労すると思って予約しておいたのですが、ネット予約した駐車場が判り難い場所で探すのに1時間近くをロスしました。地図をプリンして出かけたのですが走っていて目立つ目印がありません。そして思ったより遠かった。帰りは更に大変、酷い方向音痴で駐車場の場所が判らなくなり、今度は徒歩で1時間以上歩き廻ることになりました。入場者数4,000人余りで、無料駐車場で十分に停められたのに…。
Dsc05567 20230107_140335次回はいつ頃にしよう? 秩父宮も1回位は行きたいナ。美術系用事も多いので、(森高・林檎関連も)そう多くの回数は行けないかも知れません。

2022年12月19日 (月)

ワールドカップサッカー2022カタール大会


カタールW杯2022 が終わりました。4度の優勝を誇るイタリアが居ない、振り返ってみれば開会前から混迷の予想された大会でした。日本の番狂わせ勝利&グループリーグ1位通過、モロッコの躍進、クロアチアvsモロッコという、世界中継する米大手放送局が悲嘆する決勝戦可能性もありました。しかし終わってみれば、アルゼンチンvsフランスという、優勝経験国同士による組み合わせ。そして波乱の幕開けを象徴した、初戦にサウジアラビアに屈したアルゼンチンが36年振りの優勝を果たしました。誰か脚本家が居たかのような展開でした。サッカーも「筋書きのあるドラマ」だったのか?

W杯史上に残るであろう印象的・劇的な決勝戦でした。先制のメッシ弾、エムバベの連続弾で追い付き、延長戦での加点で決定と思われた後半にフランスが追い付きPK戦に。波乱の幕開けから優勝候補同士の決勝戦、そして引退?も予想されるW杯5回目の英雄メッシが得点を挙げての、待望の優勝。個人成績ではマラドーナを超えていたメッシが、唯一得られなかった勲章を獲得しました。そして決勝戦ハットトリックのエムバベ、スター系譜は受け継がれます。ホント、出来すぎ!
Aa15pykj Aa15qndd Aa15qsnb
Aa15qbxg Aa15qdqd Aa15qxx0
印象に残っているのは1986年準々決勝のブラジル・フランス戦、1点を争う接戦の末のPK戦、将軍・プラティ二が外したものの際どく勝利、「ワールドカップ史上最も美しい試合」と呼ばれました。今回の決勝戦はそれに並ぶ名勝負だったと思います。当時は日本がW杯に出られるなどとは想像もできませんでした。出たのは大空翼とか。ベッケンバウアーやジーコと競いました。

朝寝してなんだか判らない内に夜になりました。楽しませて頂いた寝不足の日々でした。日本も「番狂わせ」「大健闘」も終わりにする、守っての一瞬のチャンスを待つのではなく、正面からぶつかっての、強豪国との対等な戦いを目指す位置に来つつあるのだと思います。4年後はアメリカ・カナダ・メキシコ共同開催、参加国も増えます。世界ランクも上がるでしょうし、次回はシードでのグループリーグになるはずです。「下剋上を許さない」戦いが必要となります。早くも4年後が待ち遠しい。
Aa14o0hm_20221219205601 Aa14nsr6_20221219205601 Aa14qsre_20221219205601
Aa14vfdr_20221219205601Aa14nsua_20221219205701 Aa14voe6_20221219205701  

2022年12月 6日 (火)

W杯サッカー、日本の終戦。

寝不足の1日が過ぎ去りました。期待と不安の中、サムライブルーの悲願は今少しの差で到達成りませんでした。しかし大きな興奮と喜びと、未来への期待・確信を与えてくれました。ありがとう!青い戦士たち!

Aa14nmmm Aa14o0hm Aa14nsr6 

Aa14o5ff Aa14qsre Aa14opem

カタールの地で、日本の戦士たちは飛躍しました。結果的に勝てそうもないドイツ・スペインを連覇、勝てそうにも思えたコスタリカとクロアチアに惜敗しました。勿論、コスタリカ・クロアチアが弱いわけではありません。W杯本戦に登場する国、弱いはずがありません。特にクロアチアは前回準優勝国です。それでも「到底勝てそうにない」と思っていたドイツ・スペインに勝ち、「勝てそう」と思ってしまったのも人のさがです。

Aa14vfdr Aa14vors Aa14vrcx

Aa14vjnq Aa14voe6 Aa14nvqh

ドイツ戦での勝利には「奇跡!」という文字も踊りました。しかし奇跡は2度は起こりません。スペインにも勝ち、8か国しかないW杯優勝経験国を破った日本、日本にはもはや「奇跡」は存在しない、あるとしたら「優勝」だけかも知れません。 

Aa14nsua 638dacbaa1184194825b1506d3093d95

「初のベスト8」という目標に届かなかった日本、勿論世界はまだまだ掌の中にはありません。「絶対に勝てない相手」は最早存在しないとしても、「滅多に勝てそうにない相手」は多数存在します。現段階でもドイツ・スペインとは、複数回対戦すればその多くは敗れるでしょう。しかし「奇跡」から現実に勝ちも想定できるだけの位置に、日本は立ち上がったのだと思います。4年後には更に、勇躍していることを願います。その可能性は、期待は、更に高まりました。 

日本の試合は終わりましたが、W杯サッカーはまだ続きます。対戦叶わなかったブラジルも見たいし、イングランド・フランス戦も見逃せません。4年後のためにも。今しばらく寝不足は続きます。

2022年11月 6日 (日)

母校青学、ラグビーと駅伝

母校応援で熊谷へ。ラグビー関東対抗戦Aグループ、筑波大学戦です。今シーズン、4連敗ながら早慶とは大差敗戦ではなかったので少し期待していました。しかし結果は14-38での負け、星取表でよくよく検証してみると、「早慶に健闘」というより「早慶が不調」ということだったらしい。一方筑波大は同じく4連敗ながら青学以上に「健闘」していました。慶応には4点差負けでした。つまりは今シーズン「早慶は不調、筑波好調」とのことらしい。
20221105_112956 20221105_113007
好調筑波大は突進力で1枚上手でした。青学はガードで押されていました。あと、ラインアウトでの失敗が多過ぎます。
Dsc05537 Dsc05534 Dsc05529
Dsc05527 Dsc05535 Dsc05542
青山学院大は関東対抗戦Aグループ、つまりは「1部」に位置していますが、ここ、上位4チームと下位4チームとにはっきり分かれています。上は明治・帝京・早稲田・慶応、下は筑波・青学・立教・日体大です。青学はここ暫く、辛くも入れ替え戦を逃れています。下位7位・8位がBグループの1位・2位と入れ替え戦を戦います。昨期は立教・日体大が成蹊・明学大と戦い、入れ替えはありませんでした。今年もここまでは同様の展開です。日体大はだいぶ調子が悪そう、Aグループ維持は難しいかも。青学は12/4の立教戦が大一番になります。上位校との対戦成績では青学が上回っています(敗戦点差で、)が、油断はできません。4日は家内と一緒に応援に行きます。                       

今回試合は熊谷ラグビー場「Bグラウンド」での開催でした。Aグラウンドでは「熊谷工ー立教新座」が戦われていました。高校にメインを奪われてしまいました。さすがラグビー王国、埼玉です。12/4はAグラウンドで観戦できます。熊谷はパナソニック・ワイルドナイツの本拠地です。武者鎧前で記念撮影。
20221105_133530 20221105_134221
昨日5日はラグビー、そして今日6日は「全日本大学駅伝」、こちらは優勝を狙う強豪校としてのTV観戦応援です。1区でいきなりの突出、独走から大東文化のワンジルに抜かれたものの2位で通過、しかし心配された初出場の白石が大ブレーキ、14位まで後退、3区佐藤が区間2位で頑張り8位まで順位を上げました。4区横田も好走して朝10時6分現在で7位、どこまで順位を上げられるか?
Fg1kudvsaa54pq

2022年10月15日 (土)

《マスクの自画像》

地元足利市で今日から開催(と言っても今日明日の2日間のみ)する「市民文化祭 洋画展」に1点出品しています。作品は油彩F20号《マスクの自画像 2022-4》です。2020年に時流に乗って?初めて描いた作品から数えて6作目です。油彩4点パステル画2点を同テーマで描いています。小品が多かったので、今回が1番大きいサイズになります。これまではほとんど顔だけでしたが、サイズが大きくなりましたので腰まで入りました。9月のグループ展にもシリーズ5作目を出展したのですが、会場で知らない人から声を掛けられるようになりました。(笑)

20221014_133203 20221014_181018 20221014_185532

20221014_185919 20221014_185758 20221014_185604

これまでの5作もご紹介します。制作年代順に。

202005-f6 20219-2021-f6 202203-20221-f6 202206-20222-f6 202208-20223-fo

せっかく始めたシリーズ、様々の色のマスクも買い揃えましたし、もう少し続けたい。コロナ終息を願いながら矛盾した願いです。

昨日は搬入日、地元市民会館が老朽化で取り壊され、今年は会場を移しての開催になります。慣れない設営作業で少々手間取りました。パネルを立てての仮設展示です。号数制限(30号まで)も付けなくてはいけなくなっています。新しい展示場の建設は未定です。人口も減り、元々は繊維産業で栄えた街ですので税収も厳しい行政事情、新市民会館の建設は相当先(8~10年)と見込まれています。以前は100号作品の応募もあった文化祭洋画展、暫くは寂しい展示が続きそうです。

 

13日木曜日はゴルフ、3人プレーのはずが直前で1人が足首を捻挫、ツーサムになってしまいました。1日曇り空で「暑くなくていい」とか言っていたら後半3ホールばかりは凍える寒さになりました。季節は確実に移ろっています。

20221013_093038 20221013_112031 20221013_125621

更に前、10日月曜祝日には「森高千里デビュー35周年記念ライブ」で豊洲PITへ。5月以来のライブ参戦でした。林檎さんも新アルバムを出しますし新曲もリリース(まだ配信のみ)しました。林檎さんのライブも期待されます。

20221010_183721 20221011_090814 20221010_185018

2022年4月22日 (金)

ベルーナドーム初観戦!

20日水曜日、今シーズン初めての野球観戦に行ってきました。ライオンズ、対ロッテ戦、「ベルーナドーム」になってから初めての所沢です。行きは2時間40分、帰りは2時間20分、まずまず順調な運びです。順調で無かったのは駐車場、500円値上がりで1,500円になってました! 手前は1,000円って書いてあったから、次回は少し(距離はたいして変わらない)安い方にしよう。

20220420_161905 20220420_162103 Dsc05445

まずはお買い物。汚くなってたマウスパッド交換、キーホルダーは新人隅田と近頃活躍の呉、シークレット(誰のが入っているかわからない)クリップは中村でした。あと、パターカバーも買ってしまった。夕食弁当は松花堂。

Dsc05472 20220420_171534 20220420_171254

先発は松本航、ロッテは美馬。佐々木朗希じゃなくて良かったけど、美馬も好投、6回終了まで共にノーヒットの投手戦。球数の多い分「航不利か?」と心配したころ合いで初被安打&4球でピンチに。でもそこは変わった水上が無得点に切り抜けます。一昨年は勿論、去年と比較してもブルペン陣が強力になってます。

20220420_180057 20220420_175759 20220420_171120

対する美馬も7回に山川に初安打を許します。これを呉がタイムリーツーベースで返して先制、8回にも今シーズン初安打の金子を鈴木翔平が返し、エラーも絡んで3-0に。8回は平が3三振、9回増田も3人凡打で打ち取りパーフェクト締めで勝利しました。お立ち台は初勝利の水上と殊勲打の呉でしたが、松本にも何かあげたい。今季綺麗にグレードアップしたオーロラビジョンで祝うことができました。観客数は7,261人と少な目。この調子で勝ちに乗れば増えるでしょう。

Dsc05456 Dsc05463 Dsc05464

Dsc05470 20220420_205338

次回、になるかどうか判りませんが、娘の住む埼玉某市、ライオンズ・フレンドリーシティになっているので無料チケットを貰える可能性があるとか。住人でなくても、親族・友人でも大丈夫とかで、抽選ではありますが申し込んで貰うことにしました。当たるとイイな。1650500260675

 

より以前の記事一覧

無料ブログはココログ
2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30