無料ブログはココログ

2017年11月29日 (水)

貴乃花の”相撲道”

話題の貴乃花問題、疑問に思っていたことがあります。貴ノ岩が翌日の巡業に出場していたことに対し「相撲がとれていたじゃないか」という怪我を疑問視する発言です。全く相撲に関心の無い方でしたらそう思うのも当然でしょうが、多少の知識があれば「本場所と巡業場所とでは相撲も全く別物」は常識です。巡業場所で怪我をてし本場所に影響しては元も子もありません。怪我をしないように立ち合いは頭で当たりませんし、技を掛けられたら抵抗しないで素直に投げられます。ですので投げ技は綺麗に決まります。「寄り倒し」「押し倒し」の決まり手はほとんどなく「寄り切り」「押し出し」で終わります。立ち合いで変わる事も引き技もあまりありません。要は型を見せる、勝負に拘らない相撲なのです。頭に怪我をしていても問題なくとることができます。私自身、巡業場所体験は2度ありますが、1度目は物足りなさを感じました。2度目はそういうものと割り切って観戦しました。相撲好きならな誰でも知っている常識、専門家が揃っているはずのTV・新聞等でこのことがあまり指摘されてこなかった事に不信感を感じています。敢えて貴乃花関に不信感を与えるための策略に感じています。

そしてとうとう日馬富士の引退が決まりました。もっとも、以前の状態で日本人力士であれば、もっと早い時期に、少なくとも県警で送検された段階で自ら引退の道を選んだと思います。それが日本的美学でした。貴乃花親方の異常とも思える対応が疑問視されていますが、彼の意図はかなり早い段階からすでに日馬富士個人に対するものではなくなっていたのだと思っています。モンゴル人力士は「低迷しつつあった日本相撲会を盛り上げるのに功績があった。」との評があります。確かに、スポーツ・格闘技としてはそうだったのだと思います。反面、神事を発祥とする日本の文化としての相撲は変質してしまいました。外国人力士でも、高見山をはしりとするハワイ出身力士たちは日本の文化に馴染むよう努力してくれました。しかしモンゴル人力士たちは必ずしも同じではありませんでした。そして相撲協会は、”格闘家として強い”彼らを、日本的美学を基にして諫めることが事ができませんでした。元々”ルール”にはないのですから。相撲道で”ルール”を持ち出した時から、美学としての大相撲の崩壊は始まったのだと思います。

マスコミは白鵬に「平成の大横綱」との肩書を唱えます。私は彼を”大横綱”とは思っていません。これは何を基準にするかで異なりますので、勝ち数・優勝回数で判断するならそうなのでしょう。ただ彼を”大横綱”と評する方々でも、”名横綱”と評価するには躊躇する方も少なくないと思います。私基準では何処をどう間違っても”名横綱”には値しません。日本的美学での”名横綱”は、立ち合いで変わりませんし張り手差しもしません。相撲は元々は「勝てば良い」とのスポーツ・格闘技とは別物でした。大関には大関の、横綱には横綱の相撲がありました。平幕力士なら許される勝ち方も、横綱には許されない、それが”横綱相撲”でした。白鵬は優勝回数等では大鵬も千代の富士も北の海も貴乃花も、単純な数字的には抜きました。しかし彼ら名横綱を抜いたとは、私には到底思えません。数ではなく質として、”横綱相撲”で勝った数で計算するなら、白鵬は未だ歴代の名横綱には及んでいないと思っています。それ以前に、ここに到達する以前に、「横綱としての品格に問題がある」との理由で引退を迫られていた可能性も大いにあったと思っています。昔の日本的美学での大相撲下であれば、白鵬が40回の優勝を得るまで現役であり続けることは不可能だったと思っています。今場所の彼の行動、土俵下からの抗議姿勢だけでも、以前なら引退勧告に至っても不思議ではなかったと思っています。

ただ残念なのは、モンゴル人力士の中では教養・常識があり、日本的美学の一部も理解してくれていると思っていた日馬富士が今回の加害者となってしまったことです。彼だけには横綱を全うして貰いたかった。現在の横綱で、最も綺麗な土俵入りを披露する力士だと思っています。

すでに暴力問題ではなく、「スポーツ・格闘技」としての大相撲を選ぶのか、「神事を発祥とする日本的美学に基づいた相撲道」に戻るのか、選択しなければいけない場所に来ているのだと思いますし、貴乃花親方の意図も、そこにあるように思っています。

2017年11月28日 (火)

京都・滋賀旅行

先週23日・24日で京都と滋賀(草津市)に行ってきました。仲良しオジン4人組でのゴルフ旅です。この仲間4人、元々は地元銀行での異業種交流会での出会いが始まりです。銀行と取引のある会社の50歳以下を会員とする若手経営者での会で、今回幹事役となったT氏は滋賀草津市を代表する地元有力企業の副社長、国内数か所を始め、タイ・フィリピン・中国・マレーシアにも工場を持つ中小企業の枠を超えた会社の跡継ぎです。彼が栃木工場の責任者として派遣されていた時期に知り合いました。他2人もこちらの地元での歴史ある優良会社の経営者です。私自身も、3年半前までは小さいながらも会社を経営していました。”社長同士”での付き合いというものでは会社規模が異なっても、ある部分”同格”扱いでお付き合いができます。(下請け等、経営上の取引のある場合はまた別です) そのお陰で、4人対等でのお付き合いが続いています。元々は前述若手経営者異業種交流会での役員同士でのお付き合いでした。そんな中、私が会長を務めた時の支店長が少々クセのある方でちょっとしたトラブルがありました。ただ、交流会会長と支店長との関係ですので表に出せない部分もあり、ひとり苦労していたのですが、「様子がオカシイ」と気付いた3人に飲みに誘われました。その折に心中を吐露したことで4人での仲間意識が高まり、会員同士の枠を超えた親密なお付き合いが始まりました。会の会長も、私の後がK氏その後がT氏と引き継ぐ事となりました。私自身は104年続いた会社を閉め、銀行とも交流会会員の多くとも関係が希薄になりましたが、そんな中、このオジン4人組での付き合いだけは変わらず続きました。T氏が滋賀の本社に戻ったために4人全員が揃う機会は減ったものの、飲み会にゴルフに時折集合しています。また、LINEでの朝1番の「おはよう!」を始まりに日々日常の活動報告も恒例となっています。

そんな4人組のゴルフ会、今回はT氏の地元に遠征してのゴルフ旅となりました。京都前泊の者も含め現地集合でそれぞれ滋賀へ、遠征3人の宿は草津駅前の同じホテルです。他に用事のあった1人を除く3人でまずは京都で夕食を取ることになっていました。写真は曇り空の合間に顔を出してくれた富士山と久し振りの駅弁。駅弁を食べる機会も減りました。

Img_20171123_121844 Img_20171123_120819 

ホテルにチェックインの後、集合までの時間を使ってひとり佐川美術館(http://www.sagawa-artmuseum.or.jp/)を訪れることにしました。草津市のお隣守山市にありますが、地図で見るより少々遠くタクシーで4,000円ほどかかりました。佐川急便が創業40周年を記念して建設した美術館で、平山郁夫・佐藤忠良・陶芸家の樂吉左衛門の作品が収蔵されています。水を使った、水面と建物との調和の美しい美術館です。当日の企画展は浮世絵でした。外国人の姿も見える、観光客もほどほど訪れていましたがやはり、葛飾北斎の前ばかり混み合います。(笑)

Img_20171123_152703 Img_20171123_170120 

平山郁夫は、説明の必要もない有名人気作家ですが充実した収集です。「描かない事」の大切さを痛感する作品群です。アンコールワット等、細かい細工彫刻が刻まれているのでしょうが必要最小限の表現で纏めています。これが中々できない。ついつい描き過ぎてしまうのですよね。佐藤忠良の作品はブロンズ像ですので他数か所で観たことがあります。宮城県立美術館にも忠良館があります。記憶にある作品が多いのですが、それでも、佐藤忠良は想い出の作家です。1981年の新婚旅行(結婚は1980年)の折に訪れたロダン美術館で、「日本人初の個展」がたまたま開催されていました。当時は事前に得られる海外旅行情報は少なく、本当に偶然でした。そのために一層強い印象を受けましたし、同じ日本人として誇らしい気持ちにも成れました。リュックを担いで前日夜に翌日の行き先を決める、宿は行った先で探す、若い内にしかできない冒険的な新婚旅行でした。今考えると危うい気持ちになります。当時は欧州の治安も今より良かったですね。佐藤忠良館のみ撮影自由、ロダン美術館での当時のポスターも展示されてありました。

Img_20171123_161256_9 Img_20171123_161900_2 Img_20171123_161219 Img_20171123_152739_2 

タクシーで草津駅前のホテルに戻り3人で集合、京都を目指します。草津から京都は電車で20分の至近距離にあります。紅葉の京都は観光客でメチャ混み、T氏が予定していた夕食の店は2時間後にしか入れないとのことで、急遽京都駅近くの韓国料理店に変更しました。注文はプデ(部隊)チゲとチャプチェ(韓国風春雨料理)、私の希望です。久し振りの韓国料理でした。その後四条の馴染みの店に移動しての2次会、翌日のゴルフに備えいつもよりは早めにホテルに戻りました。

Img_20171123_215943 

翌24日はホテル前までお迎え頂いたT氏の車でゴルフ場へ。15分ほどでゴルフ場に到着。プロツアーにも使われる地元名門の琵琶湖カントリークラブでのプレー、T氏が会員になっていますので割引価格で利用できます。私自身はこのコース通算3回目でのプレーです。フェアウェイは平らで広いものの巧みに罠の張り巡らせられた難しいコースです。そんなコースで前回(4年前)は100を切り(99)それなりに自信を持って臨んだのですが、プレー直前に「バックでやろう!」と言うことになり大苦戦です。元々そこそこ距離のあるコースなのに、バックでは景色も変わります。ショートなのにドライバーで打つホールも。おまけに間には池が・・・。

Img_20171124_083837_2 Img_20171124_124623_2 

バックとレギュラーとでは全く異なるゴルフ場でした。速くて傾斜のきついグリーンはスコアの変化のない38→37でしたが、フェアウェイキープ率は50→28.6%と急落、パーオン率5.6→0%、ボギーオン率61.1→22.2%もこの通りです。成績も「120」の大叩きでした。でも苦戦は私だけにあらず、普段80代前半で周るK氏も珍しい101、全員が2桁スコアでした。それでもゴルフの楽しさはスコアだけにあらず、晴れた微風の中、4人の会話も弾み充実の時間を過ごす事ができました。プレー終了後会費を徴収、帰宅後に銀行入金しました。積み立てたお金は来年に予定している温泉1泊ゴルフ旅に使います。駅まで送って頂き琵琶湖線で京都へ、新幹線に乗り換え関東に戻りました。家内へのお土産は定番の生八つ橋です。

Img_20171124_155327_5 Img_20171124_160613_3 

2017年11月19日 (日)

秋深し

今年は夏らしい夏が無かった。秋らしい秋も微妙、夏の台風が秋に来たし。ただ紅葉は例年以上に綺麗だったらしい。”らしい”ではなく、当地の史跡・国宝鑁阿寺の銀杏は綺麗に色付いています。ただ、「綺麗」と噂の日光まで行けなかったのが悔やまれています。ま、紅葉の日光は混み合うのですがね。鑁阿寺に樹齢300年と言われる銀杏をスケッチに行きました。

Img_20171117_150718 

我が家の庭では菊が主役になっています。昨年亡くなった父の墓前にも持って行きましょう。山茶花に冬バラ、ドウダンツツジも綺麗に紅葉しています。ミカンは名残の1個、満載の柚子もそろそろお終いです。ドウダンツツジは満天星とか灯台躑躅とか書くそうです。英語だと”the stars of the whole sky”、ナンカ夢がありますね。

Img_20171118_071717_8 Img_20171118_071607 Img_20171118_071547 Img_20171118_071737_4

Img_20171118_071935 Img_20171118_071851_2 Img_20171118_072002_2 

2017年8月15日 (火)

この1週間

この1週間、結構出歩いています。まずは8日(火)、東京に相撲を見に行っていました。夏巡業です。一般的には”地方巡業”とも呼ばれますが、今回は都心・渋谷での巡業です。都心で巡業の行われるのは異例(初めて?)ですが、どうやら元横綱旭富士と貴乃花巡業部長のアイデアらしい。しかも会場は母校体育館、「大相撲渋谷青山学院場所」です。青学は大学としては以前から、こういったアルバイト的副収入事業に熱心な一面がありました。体育館(青山学院記念館)はバスケBリーグの”サンロッカーズ渋谷”のホーム球場にもなっています。大相撲も1度行ってみたいとは思っていたのですが、今は人気で発売即完売状態のようです。地方巡業ではだいぶ以前、地元足利での場所で見に行ったことがあります。その時、「本気の勝負では無い」相撲に、「巡業場所はもういいや」との思いがありましたが、会場が会場でもあり、今回の行動になりました。

Img_20170808_123731 Img_20170810_201306 

開館は9時でしたがゆっくりの出発でしたので到着は12時半頃、でもこれで丁度良かったかも知れません。幕下の取り組みの始まるところでした。席も狭い(2階椅子席でした)ですので、稽古とか子供相撲とかのアトラクションから見ていたら疲れます。ま、一緒に行った家内はこれでも十分に「疲れた」ようですが。写真は十両取組前に披露された相撲甚句。

Dsc03790 

序二段の取り組みはすでに終了していましたが、全部の力士が出場しているわけではなく、足利市出身の斎藤はお休みでした。同じくお目当ての栃木(小山)出身の貴乃花部屋所属幕下、期待の双子力士貴公俊・貴源治の取り組みは見ることができました。写真は貴公俊(兄)です。

Dsc03788 Dsc03789 

弟、貴源治は元横綱北の富士も名を挙げるくらいに注目されている若手力士です。ひと場所だけ務めた十両では負け越し、現在は幕下ですが、今回は十両最初の取り組みに配されていました。十両土俵入りと貴源治の取り組み。

Dsc03791 Dsc03792 Dsc03794 Dsc03795 

幕内土俵入りでは赤ちゃんを抱いた力士も。取り組み前の握手会や子供相撲に参加したお子さん達だと思われます。本場所では見られない和やかな風景です。

Dsc03798 Dsc03799 Dsc03800 

横綱は稀勢の里と鶴竜が休場、白鵬と日馬富士の2横綱になります。

Dsc03801 Dsc03802 Dsc03803 Img_20170808_144959 

Dsc03804 Dsc03805 Dsc03808 Dsc03809 

Dsc03810 Dsc03811 Dsc03812 

椅子が狭く疲れましたが、距離もほどほどで良く見え楽しめました。以前は「本気の勝負で無い」と不満だった部分も、こちらが歳を重ねたせいか「巡業で怪我して本場所に影響があっては本末転倒」と寛大になってます。大学理事長の挨拶では「毎年開催」を目指すようなことをおっしゃってました。毎年は兎も角、立地が良いのですから安定した観客動員も可能、恒例開催も不可能ではない気がします。

10日(木)はゴルフでした。会場はゴールド佐野カントリー倶楽部、10数年前50歳を過ぎて始めたゴルフのデビューコースでした。その1週間前から打ちっ放しに通い始め、いきなりコンペ(それも参加50名規模の)参加した無謀な行動、スコアは確か「189」もちろん断トツの最下位です。その後も何回かプレーしていますがアップダウンの少ない綺麗なコースです。池が多く、未だ100を切った経験がありません。

今回のメンバーは集まって定期的にプレーしている仲良しオジン4人組。元々は取引銀行の異業種交流会で知り合いました。私自身は3年半前に事業を閉じてしまっていますが、他3人は今でも現役で活躍しています。社会的環境の変わってしまった後でも交際を続けて頂いています。ありがたいことです。会社を閉めて初めて、社会との繋がりの途絶える不安感を感じました。名刺を持たないことも不便。つい先日、個人名刺(携帯番号、メルアド、Facebook、ブログアドレスを記載)を作りました。前回(5月)から、スコアやオリンピック・罰金・会費等を集めプール、何回か先のお泊りゴルフ資金にしようと貯金を始めています。5回も続ければ宿泊費位にはなるでしょう。それも楽しみです。

さてゴルフ当日、事前予報は”晴れて暑い1日”でしたが前日辺りから予報が曇りに、当日朝はミストシャワー的な涼しい小雨模様の中でのスタートでした。午後多少は蒸したものの、概して快適なゴルフ日和でした。スコアは「51」「51」の平和賞「102」、100切りは成りませんでしたがこのコースでのベストタイ、また初めて池ポチャ無しOB無しで周れました。フェアウェイキープ率も64.3%と高率でした。まずまずでしょう。このメンバーでの次回ゴルフは11月と決まりました。

Img_20170810_094518 Img_20170810_092846 

翌11日(金・祝)はラグビー観戦です。熊谷スポーツ公園陸上競技場でのパナソニックワイルドナイツvs.ハイランダース(NZ)の一戦です。熊谷ラグビー場は2019年のW杯に向けて現在工事中です。https://matome.naver.jp/odai/2144627206965682401 写真は完成イメージ図。

Kanseiimage 

ハイランダースはニュージーランドの名門チーム、スーパーリーグに所属、優勝経験もある強豪チームです。ワイルドナイツの田中史朗選手が所属(2013~2016)していた時期もあります。そういった縁での来日なのでしょう。当初「まともな試合になるのだろうか?ぼろ負けじゃいやだなぁ」と思っていたのですが、試合開始直後に先制されたものの、中盤に逆転、後半は終始ワイルドナイツペースで試合が展開されました。最終結果は22対7での圧勝でした。日本のレベルも上がっているのでしょうが、ハイランダースは”若手主体”でのチーム編成、要するに2軍レベルだったようです。終盤は少々面白みに欠ける試合にはなってしまいましたが、2軍とはいえスーパーリーグ強豪チームに、日本のトップリーグチームが単独で対戦できること自体、時代が変わりつつあることを感じさせます。2勝に終わったスーパーリーグのサンウルブスにも、次シーズンでの活躍を期待したいと思います。 https://panasonic.co.jp/sports/rugby/info/2017/170522102800002.html https://sunwolves.or.jp/

Dsc03813 Dsc03816 Dsc03817 

Dsc03818 Dsc03819 Dsc03820 Img_20170816_162008_3 

この1週間、次の行事は絵の展覧会です。学生時代に東京で、数大学(青山・芝浦工大・上智・共立・聖心・東工大・早稲田等)の美術部員を誘って絵の会を作りました。その会が今も続いています。元々「卒業しても将来に渡って絵を描き続ける」ことを目標に立ち上げた会です。40年超続いているのですから、その意味では目標に沿った、そしてこれからが”本番”とも言える会なのだと思います。展覧会は今回で44回を数えます。(当初、年2回開催した年もあり) 青山学院からは、美術部長だった男と副部長だった私との2名の参加(設立メンバー)だったのですが、その2人ともが郷里に戻ったこともあり、長らく半幽霊会員状態でした。会費は払い続けていましたし、たまに例会、また出品はしないものの展覧会にも出かけたり、細々とではありますが繋がりは保っていました。その甲斐もあり、意図せず2人とも同時に(打ち合わせたわけでもなく)今回同時に復活出品となりました。東京で幹事役として会の運営を続けていてくれたメンバーに感謝!です。メンバーもだいぶ変わりましたが、残っていた創設時メンバーには大変歓迎され喜んで貰いました。今後は積極的に参加させて頂きたいと思っています。

Dsc03829 Dsc03822 Dsc03828 Img_20170812_160428 

今回出品させて頂いたのはパステル画2点です。(6号サイズ) 在学時代は油絵を描いていたのですが、油絵の具は使わずにいると固まってしまいます。一式新に買い揃えるのも大変ですのでパステル画にしました。パステルは全く初めてです。市の広報でたまたま目にした「パステル画教室」募集案内を見たのが切欠でした。前々から「いつかまた描き始めよう」とは思っていたのですが、思っているだけでは「いつか」は永遠に訪れません。1人で描き始めるより、パステル画教室参加が背を押してくれるように思いました。

以前、クレパスで描いた時期はありました。同じように考えていたのですが始めてみると大違いでした。色の載りが異なり思うようになりません。自在にならない不自由さから、タッチも色合いも以前とは違ってしまい、画風がすっかり変わってしまいました。自分でも不自然に感じるくらいにおとなしい作品です。以前の作品を知っている仲間たちも同じよう感じたようです。12日に搬入で上京、大学時代の美術部の仲間、東京在住の高校同期も訪れてくれました。わざわざありがとうございます。また、クッキー・煎餅・お酒等、お気遣いありがとうございます。18日・19日にまた上京在廊します。(18日は夕方から)

Img_20170812_160321 

ちなみに昔はこんな作品を描いてました。油絵です。画材に慣れればまた変わってくるかも知れませんが、年齢的なものもあるでしょうから昔に戻ることもないでしょう。感覚も保守的になってるでしょうから。それでもその内、油絵も描き始めたいですね。

Dsc011532 

この1週間行事、実はもうひとつありました。”新盆”です。昨年10月に父が他界、施主として葬儀を取り仕切りました。もちろん初めての体験です。外からは見ていたはずなのですが、いざ自分でということになると何も判りません。ただ今では、葬儀屋さんが色々教えてくれますし(料金は発生しますが)手筈も整えて貰えます。随分と助かりました。10日に自宅に新盆棚を設置、13日にお寺に参って迎え盆、昨日14日には和尚さんが自宅を訪れ新盆棚経、16日は送り盆でお寺に、施餓鬼大法要に参列の上卒塔婆を頂いてお参りしてきます。17日には渡良瀬川にて灯籠流しもあります。こちらは少々お天気が心配ですが。

2017年6月 2日 (金)

「パステル画講習会」に通い始めました。

小学校の頃に絵画教室に通ったのは親の意思でした。ただ、「芸術家に育てよう」とかの気持ちのあったわけではないようです。高校卒業時の「芸術系の大学受験」という希望は無下に却下されました。

中学で初めて油絵を描き、ゴッホに憧れました。高校では美術部部長、大学では副部長でした。大学在学中に幾つかの大学の美術部員を集めて「卒業後も描き続ける」ことを目標に絵の会を作りました。その会は、40年以上経った今現在も存続しています。私の方は絵からはすっかり遠ざかり、最後の出展は今は昔、ほぼ毎月開かれている例会も、実技部門では2009年にヌードクロッキー会に参加したのが最後、それ以降は年2回の展示会をたまに観に行って打ち上げに参加する程度、ほとんど会費を払うだけの会員となっています。そんな幽霊会員も、「また描き始めたい」との思いは心底に残っていました。ただ「いつか」と思うだけではその「いつか」はいつになっても訪れません。油絵をと思っても、昔の画材は(絵の具が固まってしまい)もう使えません...。買い替えなければ、と思うだけで挫けていました。写真は2009年でのクロッキー会での作品。

1289434765_205 1289434765_217 

そんな折、市の広報での「パステル画講習会」参加者募集に反応してしまいました。クレパスは昔少し描きましたが、パステルは未経験です。それでも、油彩よりは気軽に描き始められそうに感じましたし、ひとりで、よりは講習会参加は描き始める切欠になりそうです。思い切って申し込んでみました。その初日が今日でした。参加19名中17名が女性、男性は私を含めて2名だけです。こういったサークル、何処でも女性が中心、男性は元気がありません。
初日の今日は説明や自己紹介、基本説明の後、実技は”試し描き”程度でした。初めてのパステルはまだ具合がよく判りませんが、短時間の割にはなんとか恰好はついたかも知れません。これから週一の講習があと9週続きます。次回までに1度、野外スケッチにでも出かけてみようかとも思っています。元々は今年夏の東京での展示会への「たまには出品してよ」との久々出展依頼が始まりです。それまでに出展できそうな作品が仕上がるかどうか?ぼちぼちやってみます。

Img_20170602_182050_2 

2017年3月30日 (木)

”刀剣女子”がやって来た!

今週末4月2日まで、地元足利市の足利市立美術館にて「山姥切国広展(http://www.watv.ne.jp/~ashi-bi/2017kunihiro.html)」なる企画展示会が開かれています。戦国時代の刀匠・堀川国広の代表作と言われる、重要文化財「山姥切国広」が展示されています。以前、国広が足利学校で打ったとの、足利市民財団所蔵の短刀「布袋国広」が同美術館で展示されたことがあり、家内と訪れました。その折、”刀剣女子”という言葉を初めて知りました。刀がイケメン男子に擬人化された「刀剣乱舞」なるゲームがあり、その流れで刀剣に興味を持った女性達を”刀剣女子”と呼ぶとか。「布袋国広」展示の折にも、それらしき、普段市立美術館ではあまり見かけない若い女性客をチラホラと見かけました。今までも”御朱印ガール”とか”歴女”とかの話題がマスコミで取り上げられましたけれど、私自身御朱印帳は持っていますが、それらしき姿に遭遇したことが無く、「珍しいから」「少数だから」話題として取り上げられるだけ、との認識でいました。それが今回は大きく事情が異なっていました。

展示会初日、「入館4時間待ち」との、全く予想外の情報が入ってきました。それ以降でも、美術館周辺はもちろん、駅から美術館へ向かう道筋、足利学校周辺等でも、”刀剣女子”らしき姿を平日でも頻繁に見かけるようになりました。展示会に合わせた”國廣メニュー”提供の飲食店では、昼時に長蛇の列のできているのも目撃しました。人口減少、ドーナツ化、そして地方都市特有の車社会ですので、普段の街中は歩く人をほとんど見かけません。こんなに歩く人を見るのは、13年の森高千里さんライブの折以来かも知れません。それも、森高さんライブの折は2日間のみライブ会場への行き帰り時間のみですが、今回は会期中ずっとその状態が続いています。会期当初の「4時間待ち」対策として会期途中からは整理券の配布が始まり、指定入場時間までは市内散策に出歩けるようになり、足利学校や鑁阿寺等でも広く”刀剣女子”を見かけるようになりました。30年?も昔に一時「信長の野望」に嵌った時はありましたが、それ以降ゲームに夢中になったことはなく、今回の事態は想像の他でした。

28日の火曜日、話のタネに美術館へ行ってみることにしました。午前中は混み合うだろうからと午後ゆっくりに出て、到着は午後3時頃でした。しかしこれがまた事態を軽く見過ぎていたことになります。平日にも関わらず、入館できるのは早くに来て整理券を得た人達のみでした。整理券配布で館外に人込みはありませんが、館内には「午後3時入場」の整理券を持つ人の列ができています。

Img_20170328_151915 Img_20170328_152124_3 Img_20170328_151941 Img_20170328_152227 

もう入館はできないわけですし、元々刀剣には差ほどの興味を持つわけでもなく、興味の方向は”刀剣女子”にあったわけで、残念な気分もあまりなく美術館を後にしました。後は刀剣女子ウォッチング、市内をブラ歩き、鑁阿寺を目指します。

途中「ハマダプラザ(旧ハマダレコード)」店内を抜けてみました。ここの社長さんは今回の「國廣降臨」企画の中心人物の一人です。店内カフェは刀剣女子で埋まり、オリジナル関連グッズ「刀剣クランチチョコ」や刀剣乱舞関連のグッズ賞品が並んでいました。重要文化財・山姥切国広は個人所有です。その出展を粘り強く交渉してきた美術館関係者、そして商店会を動かしポスターや旗指物の制作や設置を行った浜田さんを始めとする方々、その苦労は並大抵ではなかったものと想像します。”街興し”は行政頼みでは決して成功しません。こういった現場の方々の地道なご苦労の上にしか成立しないものと思います。

今回のイベント盛況の要因は、もうひとつ重要なものがあると思っています。それは「足利」という街そのものが持つ歴史です。単に「刀の展示会」だけではこれだけの盛り上がりにはならなかったと思います。山姥切国広所有者が展示を許可下さったのも、堀川国広所縁の足利学校のある足利だったからこそでしょうし、訪れる”刀剣女子”の皆さんにも、鎌倉・室町の風情を残す足利学校・鑁阿寺の存在は欠くべからざるものであったと想像します。地元に住む人々にとっては当たり前の日常で、単なる田舎、地方都市にしか過ぎないのですが、こういった時には、文化資材に恵まれた土地柄なのだと、思い知らされます。鑁阿寺にも足利学校にも、多くの”刀剣女子”の姿を見ることができました。

Img_20170328_155934 Img_20170328_153725 Img_20170328_155511 Img_20170328_160043 

ちなみに、足利学校内にある森高千里さん植樹の藤、今年は花咲きそうです。時期は4月下旬から5月初めでしょうかね?

Img_20170328_155239 

2017年3月18日 (土)

車買い換えました。

1月の末に、14年10ヵ月、14万数千キロ走った愛車とお別れしました。TOYOTAのライトウェイトスポーツカー、MR-Sでした。色は白、2シーター1,800cc。あまり大事には扱わなかったので内も外も傷だらけになってしまいましたが、随分と楽しませて貰いました。手動のオープンソフトトップですが、徐々に生地がゴワゴワになってしまい、最後の数年は破れてしまいそうで怖くて開けることができませんでした。元々日本では、雨が多いし夏は暑いしで、オープンで楽しめる季節は短いのですが、その短い季節での爽快感はひとしおでした。寒い中、革ジャン着て走る冬のオープンも味なものでした。

Thgls6b1bj 

そんな愛車も年を経て疲れも見えてきました。手を入れてやればそれなりに走れるのですが、性能維持には費用もかかりますし経年車両は保険料も高くなります。半ば引退して年金生活に入ってしまっていますので、経費節減の必要もあり買い替えることにしました。ただ、「買い替える」ことを決めて「さて、何にしようか?」と迷い選んだわけではありません。寧ろ逆でこの車が発売されたので買い替えることに決めた、つまりは「欲しくなってしまった」というのが本音でしょう。HONDAのS660です。軽ですので税金は安くなりますし燃費も大幅に向上します。家内を説得するには好材料、一応の名目は立ちます。しかし、なんやかんやで購入費用は250万円ほど、普通車を買える金額になってしまいました。発売当初は半年以上待たされたそうですが、オーダーから3ヵ月で納車されました。色は当初は黄色と赤で迷ったのですが、ま、歳も考えて地味にグレーに決めました。

Img_20170318_104332 Img_20170318_104419 Img_20170318_104511 

”フル”ではなく”セミ”オープンで、手仕事での取り外しのソフトトップです。今日初めて取り外して走ってみました。フルオープンに比べると開放感は限定的ですが、高原でも走ってみればそれなりの爽快感は味わえそうです。これからの季節、ゴルフドライブが楽しみです。バゲージはありませんのでキャディバッグは助手席ですが、それはMR-Sでも同じでした。購入前、助手席にキャディバッグの入ることは確認済みです。

学生時代は東京で過ごし就職もしましたので、免許を取ったのは田舎に戻って必要に迫まれた30歳過ぎでした。初めて買った車はスズキのアルト、当時の軽は550ccですし力も無かったですので、家族でのドライブ旅行、榛名山を登るのに苦労した記憶があります。次がダイハツのシャレードでした。チラシにあった「安い」シャレードに惹かれて買いに行ったのですが、現場で見るとどうしても良い方に気持ちが動きます。結局は展示されてあったシャレードで一番高かった”セルジオ・タッキーニ”デザインの車を買ってしまいました。綺麗な青で結構お気に入りでした。3台目はスバルのインプレッサスポーツワゴン4WD、スキーでの雪道走行を考えて買った車です。シャレードは家内用に保持。ここから2台体制になります。そしてそろそろシャレードの買い替えを考え始めた頃、スズキの販売店で目に付いた”キャラ”というマイナー車種に気を惹かれてしまいました。軽なのに中古で100万円という価格でした。”キャラ”はスズキの軽スポーツカー、扉が上に開くガルウイング車です。一般的にはマツダのAZ-1としての方が知られていますが、製造元はスズキで同じ軽スポーツのカプチーノのエンジンが使われています。当時は「一番早い軽カー」と言われていました。その後、キャラはMR-Sに、インプレッサは同じスバルのフォレスターに変わっています。ちなみにフォレスターは、家内の希望で初めての、そして唯一のオートマ車購入でした。

インプレッサまでは”必要な道具・行動手段”との認識が強かったように思います。キャラがその認識を変えてしまいました。”運転すること”それ自体に楽しみを見出すようになったのです。荷物の積めない不便な車3台目のS660、当分はこれで楽しませて頂きます。年齢的にはこれが最後かも知れません。ちなみに父親の血を継いだのか、息子の愛車はスバルインプレッサWRX→BRZとなっています。

Gtop_rcp_ext

2016年12月21日 (水)

先週15日の上京

一週間経ってしまいました。書き込みに、どうもタイムラグができてしまいます。先週15日(木)、ちょっくら東京に出かけてきました。今回の目的は4ヵ所、そんな忙しいスケジュールを立てると周り切らなくなることが多いのですが、今回は珍しく完走できました。

8時発の特急で出発、早起きはしたのですが自宅でゆっくりし過ぎてギリギリ乗車、指定券を買う暇がなく車内で購入しました。ここで乗り遅れたら完走は無理でした。最初の目的地は上野、上野の森美術館で開催中の「デトロイト美術館展」です。米国自動車産業の最盛期、圧倒的な資金力を背景に集めた印象派を中心とする欧州近代絵画コレクション展です。売りはゴッホの自画像でポスターにも使われています。入館料は1,600円。

Img_20161215_103931_4 Img_20161215_104153 

上野の森美術館を訪れるのは久し振りです。私の大学浪人中の1972年の開館ですので、開館時の印象が残っているせいか、未だに”新しい美術館”との思いが払拭できません。(笑) 当時は(今も?)現代美術の紹介をメインテーマとした美術館でした。上野の美術館群、国立・公立のイメージがありますが、こちらは”私立”美術館、フジサンケイグループによる開館です。どの展覧会をどの会場で観たのか、記憶のはっきりしない部分も多いのですが、学生時代に魅せられた当時の最新現代美術、スーパーリアリズムやシルクスクリーン作品などは、ここ上野の森美術館で最初に観たような気がします。

開館直後(9分後)に入館、平日でもありさほど混んではいませんでした。目玉のゴッホ自画像は思ったより小さな作品で、1点だけぽつんと展示されてあり、少々物足りない思いもありました。ゴッホのもう1点、川辺のボート遊びを描いた作品の方が迫力がありました。モディリアニの肖像画群も印象に残った作品です。圧巻はピカソの婦人像でした。輝くばかりのピンクがかったジョンブリアンは眩しいばかりの迫力でした。ピンクの時代やキュービズム時代の作品もあり、ピカソ作品は充実していたように思います。私の好きなマティスは2点、大きな作品ですがかなり粗く、近距離で観るとどこが良いのかよく判らない、でも離れて観るとしっかり完成されています。マティス作品には当たり外れがあるというか、その時の自身の内心状態で感じ方が異なるように思います。今回の2点はうまくマッチングしませんでした。ボナールは1点のみ、相変わらず心安らぐ色使いです。中学生時代から油絵を描き絵画好きでしたが、当時観ることができたのは画集の中だけです。初めて本物を観ることができたのは中学3年生、友人と3人で訪れた上野西洋美術館での絵画展でした。どこの美術館展だったかは忘れましたが、海外の美術館作品展だったと思います。その時に観た、ボナールの「逆光の裸婦」に魅せられました。ほとんど”恋”してしまったほどに。(笑) デトロイト美術館展、充実はしていましたが、予想よりも作品数は少なめでした。ちょっと力抜け。月曜火曜には写真撮影が許可されるそうですが、当日は木曜日、下の写真は最新コピー技術による立体模写(油絵の具の盛り上がりも再現)2点(ゴッホとマティス)とポストカード(ピカソ)です。

Img_20161215_103333 Img_20161215_102611 Img099_2 

次の目的地は新宿、知り合いの個展が開催されていました。知り合いと言っても、もう30年近く会っていません。大学生時代、美術部に属していました。大学間交流で知り合った他大学美術部員達と大学横断の”会”を作りました。私の所属した青学と芝浦工大、上智、共立、聖心を中心に、東工大や東大、日大等の学生が集まりました。メンバーの入れ替わりはありますが、その会は今でも続いています。私自身はすっかり描かなくなってしまいましたが、年2回の展示会は継続していて、私もたまには上京して交友を温めています。

今回個展を開催したのは会創設時のメンバーのひとり、当時は共立女子大の学生でした。そのまま画家になった数少ないひとりです。「伊藤和子展」小田急百貨店10階アートギャラリーでの開催でした。今回はたまたま他の作家の展示会を検索していて見つけたのですが、以前にも1度展示会を訪れたことがありました。その時はたまたま本人不在でした。今回はお会いできました。お互いの年を経て、街ですれ違ったら判らなかったでしょうね。会場で写真を撮りませんでしたので、デパートHPでの作家紹介写真と過去作品を載せます。写実系の油絵作品です。

161214_art_itou_2Artitouk15s_3 

3ヵ所目の目的地は神田小川町、これは絵画展ではありません。スキー靴の購入が目的です。初めてスキー靴を履いたのは小学生の時、群馬・大穴スキー場でした。その後暫く間が空いて、高校時代の体育授業でのスキー合宿を経て、大学時代に夢中になりました。11月の狭山スキー場(人工)を皮切りに、天神平かかぐらスキー場での滑り初め、上越(岩原、新日本、湯沢等)・白馬(佐野坂、青木湖、八方等)には毎年数日から1週間程度滞在していました。今考えると、よく金が続いたものです。初めての板はカザマ、靴はミズノでした。これは親に買って貰いました。その後はバイト資金で購入、買うのはいつも神田小川町でした。当時はスキーバブル時代、小川町にはスキー屋が林立していました。高いニューモデルには手が出ませんので、前年前々年の型落ち品をあさり歩いていました。滑る回数の減った近年は、板はレンタルで済ませています。最近はレンタルでもそこそこの板を置いています。靴の方は昨シーズンの滑降中にサロモンの底が剥がれました。crying 経年による劣化です。他にハンソンが残っているのですがこれも古い型ですので危なそう、買うことにしました。

リフトに長蛇の列を成したのも今は昔の物語、今では、地方都市ではスキー用品を扱う店もほとんどなくなりました。選択肢を得るには東京まで行くしかありません。当時に比べると随分店数は減りましたが、そこは東京小川町、買い迷うだけの選択範囲はあります。何軒か巡り試着して、ある店の靴にほぼ決めかけていたのですが、最後にもう1軒、懐かしい名前の「ニッピン」を覗いてみました。学生時代によく訪れた店でした。ここで見つけたのがラングのレディス25.5cm、昨年モデル現品限り税込み29,000円ほどの品でした。足サイズが小さいですのでレディスでも可能、同じレベルのものですとレディスの方が安いのが一般的です。もうガンガン滑るわけでもありませんし、脚力も落ちていますのでその意味でも丁度良さそうです。何より、試し履きした時のフィッティング具合が即断レベルでした。前の店で妥協しなくて良かった~! ラングは学生時代の憧れの靴でした。当時は一段高かった印象があります。今では特に人気のブランドではありませんが、やはり当時の思いも影響していたのかも知れません。今年中はもう無理ですが、スキー場に行くのが楽しみです。

Img_20161215_202857_2 

最後に上野に戻りました。東京都美術館で開催されている「ゴッホとゴーギャン展」を観るためです。こちらは上野の森美術館より1時間遅い17時半まで開いています。美術館到着は16時。会期終了間近(18日まで)でしたが、この時間帯は、混んではいるものの鑑賞に堪える範囲内でした。デトロイト美術館展の半券で100円引きの1,500円で入館、珍しく音声ガイドも借りました。(520円)

バルビゾン派の影響を受けたオランダ時代のゴッホの暗い色調の作品に始まり、パリに出ての印象派との出会い、そしてゴーギャンとの出会い、時代を追って2人作品と同時代作家達の作品が展示されます。所々に2人の、ゴッホの弟テオや同時代の画家ベルナール等に宛てた手紙の文章の一部が例示され、2人の関係性が浮き彫りにされます。アルルでの共同生活と破綻、ゴッホの死、ゴーギャンのタヒチへの移住、交錯する2人の思いがその作品によって語られます。企画として面白く、作品の質量共に大変充実した展示会だったと思います。惜しむらくは、私の事情ですが、時間が足りませんでした。鑑賞半ばで「閉館30分前」のアナウンスがあり、後半はかなりはしょって観ることとなってしまいました。

Img_20161215_161203 Img_20161215_173011 Img_20161215_173745 Img_20161215_174012 

ゴッホ、日本では大変人気のある作家ですが、私にとっても特別の人物でした。中学高校時代は憧れであると共に、若者特有の傲慢さで”目標”でもありました。ある時、16歳当時のゴッホのデッサンを画集で観て、同年齢での自身の技量との差に呆然自失した記憶が残っています。大学2年次での初海外旅行では、団体旅行であったにも関わらず自由時間がかなりあり、友人と2人で旅程にはなかったゴッホ美術館を訪ねました。ネットはもちろんたいした情報もない時代、ガイドブックも持たずに言葉も通じず、どうやって行ったのか記憶にありません。若者特権の行動力、というか恐れ知らずというか、あまり考えていませんでしたね。欧州の治安も、今よりはずっと良かった気がします。

最後は忙しかったものの、充実の1日でした。

2016年11月12日 (土)

秋の水上小旅行

書き損ねていた日記、最後は家内との群馬水上1泊旅行です。最初の目的地は”吹割の滝”です。随分以前に家内と訪れたことがあります。通常は高速を使って沼田経由ですが、今回は別のルートを辿ってみました。桐生市からみどり市(旧大間々町)を通り赤城山の北面を周る道です。子供たちがまだ小さかった頃、群馬のスキー場へ行った時に一度だけ通ったことがありました。当時は崖にへばり付いた狭い山道でした。ただ沼田側は綺麗に整備されていて、大間々側も一部新しい橋やトンネルの工事が始まっていました。20年近く経ちどう変わっているのか確かめたい気持ちがありました。結果、頭の中に残っていた景色は何処にも発見できない、全くの別の道路に変わっていました。すれ違うのも難しい狭いつづれ織り道は何処にも残っていません。何処にでもありそうな普通の道路で拍子抜けでした。

道路が快適だったせいで、予定より30分以上早く吹割の滝に到着、まだ観光客の姿もあまり見ません。近くのお土産屋さん駐車場に駐車。吹割の滝周辺の飲食店や土産物屋さんの駐車場、原則駐車無料です。以前は「利用者に限る」、また購買を強要する雰囲気もあったようですが、今では「できるだけご利用ください」との柔らかい対応になっています。エチケットとして、滝見学後に土産物&ソフトクリームを購入いたしました。

滝は、水量が少なく迫力はいまひとつでしたが、記憶に残るあの独特の流れは楽しむことができました。滝の周囲を巡るハイクコース(周回約1時間)ができていました。山際の道では、今年は”熊出没!”もあったとの注意書きが。所々に熊よけ(熊に人の存在を知らせる)鉦が設置されていて、叩いて鳴らしながら進みます。家内はかなり怯えていましたが、幸い遭遇はしませんでした。でも確かに、出そうな雰囲気はある道でした。

Dsc03696 Dsc03697 Dsc03698 

Dsc03699 Dsc03700 Dsc03701 

この日のメインイベントは水上での”カヌー体験”でした。沼田から水上に移動、予約していたイベント会社(レイクウォーク http://www.lakewalk.jp/contents/for-bigginer/)で受付を済ませ、体験会場の赤谷湖に向かいます。水上では川や湖を利用したレジャーイベントが様々企画されています。企画会社も多数あります。ラフティングやキャニオニング等々、バンジージャンプも。昨年体験したキャニオニングも水上の別の会社の企画でした。

現地集合場所には、インストラクターの男性スタッフと参加者お二人が待っていました。お二人は東京からの参加とか。まずはライフジャケットの装着。こちらで用意したものは長靴と風よけのジャケットですが、これもレンタルが可能です。夏場は長靴ではなく、”濡れても良い靴”になります。集合場所の駐車場から湖岸に降りて、基本的な説明、パドル(オール)の操作練習、注意事項確認が行われます。そしていよいよ湖に乗り出します。

当日は暖かい日和で寒さを感じることもなく、ゆったり快適な時間を過ごすことができました。カヌーは2人乗り、家内が前私が後席です。当初はパドル操作に戸惑い、中々真っ直ぐ走りませんでしたが、じき慣れて安定して漕ぐことができるようになりました。当初渋っていた家内も、意外なほどにパドル操作を楽しんでいる雰囲気になってきました。慣れて力が抜けてくると、反対に推進力は増します。湖面に反射する光、木々の木漏れ日、お天気に恵まれた幸いを満喫できる景色です。期待した紅葉は、例年よりかなり遅れているそうでまだ早かったのですが、そんな残念さも忘れさせる癒しの時間となりました。操作に慣れてきたところで、少し狭い渓谷に乗り出します。細い滝の流れ落ちる場所があるのですが、インストラクターの勧めで触れてみると「温かい!」温泉の滝でした。”源泉かけ流し”温泉宿から流れ出る滝だそうです。

1610143ra_77 1610143ra_45 

1610143ra_20 1610143ra_64 

落として水没させてしまう危険もありますので、原則スマホを含む貴重品はカヌーには持ち込みません。写真はスタッフが撮ってくれます。(有料:後日CD-Rで郵送されてきます) カヌー内に持ち込んだのはペットボトルの飲み物だけです。結構一生懸命漕いだのですが、家内も私も意外と筋肉痛にはなりませんでした。吹割の滝同様、こちらも水量は普段より少ないそうです。多い時期にはこれより5mは水位が上がり景色も全く異なって見えるとか。家内も喜んでくれました。またいつか別の季節に、訪れてみたい気がします。

2016年11月 7日 (月)

被災地復興支援イベント

書き損ねた日記、1週間戻って10月30日の出来事です。10月29日・30日の土日2日間、渡良瀬川河川敷公園で、「被災地復興支援イベント”つながるマルシェ足利”」が開催されました。被災地の特産品等を仕入れ販売して復興の手助けをする、また、日数を経て関心の薄れてしまった感もある東日本大震災、その被災地はいまだ復興途上にあることを再確認して、息の長い支援を続けようとの思いを込めたイベントです。特産品販売は、被災地からの直接の出店もあり、物産を仕入れての地元ボランティアによる販売もあります。Facebookでこの企画を知り、29日は仕事のため、30日の1日だけではあるのですが、ボランティアとしてお手伝いさせて頂きました。

Img_20161030_115406 

当日割り振られた私の担当は”陸前高田”物産販売テントでした。ホヤの燻製やコンブ、茎わかめの漬物等、海産物加工品を中心とする品物が並べられています。お隣テーブルには陸前高田以外の岩手県物産が並べられてあります。

Img_20161030_103356 Img_20161030_140849 

宮城県からは銘酒”一ノ蔵”が出店、石巻ライオンズクラブの皆様も遠路はるばる参加されていました。熊本県のコーナーも。

Img_20161030_111811 Img_20161030_110309 Img_20161030_114551 

Img_20161030_110356 Img_20161030_135130 Img_20161030_135146_2 

物販テントの他に音楽イベントも企画、ハワイアンやらジャズやらビートルズやら、入れ代わり立ち代わりの演奏は夜まで続きました。夜は夜で野外映画上映会も企画されていましたが、そこまではお付き合いし難く、先に失礼させて頂きました。また会場の周囲には、被災地を応援する言葉の書かれた黄色いハンカチが並べられてあります。

Img_20161030_110031 Img_20161030_115422 Img_20161030_172234 Img_20161030_115257 

私の家内は宮城県出身、気仙沼の親類が津波で被災しています。そんな思いもあり今回お手伝いさせて頂いたのですが、売店で突っ立っているばかりで、あまりお役に立てなかったのではと申し訳なく思っています。テントの設営・撤収やハンカチの取り付け等、主宰された方々のご苦労は並大抵ではなかったと思います。今回このイベントを知ったのが遅く何もできなかったのですが、気仙沼の甥に頼んで観光パンフレットだけは送って貰い会場に置いて頂きました。

Img097_2 Img098_2 

ブログにも書きましたが、この夏に被災地・女川を訪れました。一度無に帰した街を復興することの大変さを実感してきました。それ以前に”復興”ということはどういうことなのか?考えさせられることの多い旅でした。また再び、女川を気仙沼を訪れる機会を作りたいと思っています。

より以前の記事一覧

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30